ダイヤモンド市況概況

2017/10/17
市場は引続き閑散モード、ダイヤ価格下落傾向

【10月17日】
◆RAPAPORT価格はユダヤ祝日Sukkot(仮庵祭)のため発表なし。
インドは18日からのDiwaliを控え、市場は閑散モードが続く。
◆RAPI™ Diamond Index (10/13付先週比)は3.0ctの大粒石を除き下落傾向。
◆De Beers、SDMと提携しダイヤモンド投資商品を検証。
De BeersはSDM(Singapore Diamond Mint Company)と提携し、新たな投資に使用されるダイヤの天然起源を確認するサービスを提供。
De Beers子会社であるIIDGR(the International Institute of Diamond Grading & Research)はSDiX(Singapore Diamond Investment Exchange)で取引されるダイヤモンドのテーブルに固有の識別番号を刻印する。
「固有の識別番号によりすべてのダイヤモンドの追跡・検証が可能となり、投資家に革新的な投資商品に対する最高レベルの信頼を提供する」とSDiX創業者兼会長、Alain Vandoenborre氏は語った。
Rapaport Diamonds.netより、一部抜粋
提供:潟lットジャパン https://www.net-japan.co.jp/market/2017/10/post_192.html
2017/10/11
市場は閑散モード、ダイヤ価格軟化

【10月10日】
◆RAPAPORT価格はSukkot(仮庵祭)のため発表がない。
また、18日からはインドのDiwaliを控え、市場は閑散モード。
◆アントワープ世界ダイヤモンドセンター(AWDC)が発表したデータによると、米国と香港の2大市場への出荷が減少を続けたことから、9月のベルギーの研磨済ダイヤモンド輸出は11億9,000万ドルとなり前年比4%減少した。
◆Alrosa、再びNew Yorkを視野にAlrosaは2016年以降有効に機能していなかったNew YorkのTradinf Officeでの事業再開を計画しているとの事。
「米国は世界最大のダイヤモンドジュエリー消費市場であり、原石販売だけでなく研磨石販売にも興味を持っている。」とSergey Ivanov社長は述べた。
◆9月のダイヤモンド価格下落、第3四半期のRAPI™(1ct)は-2%。
9月のダイヤモンド価格は、サプライヤーが古い在庫を処分をしたため軟化。
9月の香港ジュエリー&ジェム・フェアでは取引が正常に戻り、低価格帯の需要が堅調であったため市場心理が改善した。
1ctのThe RapNet Diamond Index (RAPI™) は、9月に-0.7%、第3四半期には-2%と下落。
また、年初からは-4.5%、過去12カ月では-7.4%の下落となっている。
Rapaport Diamonds.netより、一部抜粋
提供:潟lットジャパン  https://www.net-japan.co.jp/market/2017/10/post_191.html
2017/10/03
ラパ・ラウンドダイヤ価格下落

【10月3日】
◆Rapaport Diamond Prices - Sep 29, 2017、ラウンド価格ポインターのH up、SI2 up中心、1.00-1.49ctのI up、VVS up中心、1.50-1.99のD、VS2 up下落。
10月5日からのユダヤ祝日Sukkot(仮庵祭)、18日からのインド正月(Diwali:ディワリ)を控えており、市場は閑散モード。
◆インド:米国と東アジアの休日需要を満たすために外国のバイヤーが商品を探しており市場は安定している。
サプライヤーは、大量の研磨石在庫を抱えており、動きの悪い古い在庫の価格を引き下げている。
低価格の一部のSIに安定した需要がある。
研磨業者は、10月18日のDiwali休暇に先立って減産しており、原石取引はスロー。
◆香港:9月の香港ショー以降、市場は安定している。
0.30-0.50ct、1ct、D-G、VVS2-SI1 (3EX、蛍光性無し)の需要が堅調。
ディーラーは、ファンシーシェイプで高い利幅を狙っている。
ピンク・ダイヤモンドに人気が集まっており、カラー・ダイヤモンドや宝石への消費者の関心が高まっている。
◆9月27日付のRapNet Diamond Index(前月比、D-H,IF-VS2)は引き続きポインター中心に弱い展開。
平均価格は、0.3ctが-1.3%、0.5ctと0.7ctが-1.0%、1.5ctが-0.7%、1.0ctが-0.5%、3.0ctが-0.0%と全体的に弱含み。2.0ctのみ微増の+0.2%。
ベストプライスは0.3ctが-2.4%、0.7ctが-1.7%、2.0ctが-1.2%、0.5ctが-0.8%、3.0ctが-0.4%となり、1.5ctが+0.4%、1.0ctが+0.3%と微増。
◆中国の研磨石の輸入が2017年上半期7%増加
中国税関情報センターの最新データによると、中国の研磨済みダイヤモンド輸入金額は、2017年上半期の6ヵ月間で33.2億ドルと7%増加。
重量ベースでは360万ctで1%増、平均価格は931ドル/ctで5%増加した。
一方、輸出は5.33億ドルと33%減、差し引き輸入額は27.8億ドルとなり21.8%増加した。
また、原石の輸出入は共に減少、輸入は2.45億ドルで26%減、輸出は800万ドルと65%減少した。
Rapaport Diamonds.netより、一部抜粋
提供:潟lットジャパン  https://www.net-japan.co.jp/market/2017/10/post_190.html
2017/09/26
香港ショー、高額品売れず満足度低下

【9月26日】
◆香港ショーでは、ルースダイヤと比較してジュエリー販売が、昨年9月のショーと同程度かよりスローだったため満足度が低かったとの指摘がある。
出展社の一つ、Artman Jewelleryの広報担当者は「顧客は来るが、彼らはいつもと同じ量を注文していない」と語った。
Kwong's Art JewelleryのMy Jewelryブランド担当者も、ビジネスは改善しておらず、「既存の顧客は来て買い物をするが、これまで以上に新しい顧客がほとんどいない」との事。
香港のダイヤモンドジュエリーメーカー兼卸売業者であるEdelweiss Jewellery CompanyのKenneth Cheung氏(Director)によると、人々はすでに在庫水準が高いので慎重に購入していた。「USD1,000ドル以下の価格帯の基本品目は動いているが、1万ドル以上の高額品は売れていない」と付け加えた。
◆バイヤーは大幅な値引きを求めているが、サプライヤーは厳選されたRapSpec A3+については価格を維持している。
東アジアでは1 ct、I-L、VS-SI需要が堅調。
ジュエリー部門は裸石よりも動きが鈍い。
10月1日、中国の国慶節での消費者支出に期待が高まっている。
Petra DiamondsはWilliamson鉱山の先行き不透明感やFinsch、Kimberleyの鉱山労働者のストライキに直面している。
Petraの会計年度売上高は4億7,700万ドルと11%増、利益は2,100万ドルと69%減少。
インドの8月の研磨石純輸出は170億ドルと0.3%減少、原石輸入は8億8,400ドルと5%減少した。
◆Rapaport価格表ならびにRapNet Diamond Indexは、ユダヤ新年祝日、Rosh Hashanah(ロシュ・ハシャナ)のため、発行がない。
Rapaport Diamonds.netより、一部抜粋
提供:潟lットジャパン https://www.net-japan.co.jp/market/2017/09/post_189.html
2017/09/19
香港ショー終了、バイヤーの値下げ圧力高まる

【9月19日】
◆香港ショーは安定したダイヤモンド市場を反映。
ダイヤモンド業者は香港ショー開催5日間でのビジター増加に伴い、ルースダイヤモンド部門での取引に比較的満足している様子。
0.30-0.50ct、F-K、SIや1-2ct、G-J、VVS2-SI2など特定アイテムの需要が堅調に推移、D-F、VVS upなど高品質商品は弱い。
バイヤーが値下げ交渉を続ける中、ほとんどのサプライヤーは価格を維持、昨年より市場心理が改善している模様。
中国の宝飾品需要は10月1日のゴールデンウィークに先立って安定している。
ダイヤモンド価格は2017年に軟化、1ctのRapNet Diamond Index (RAPI™)は今年に入り8ヶ月で3.8%下落した。
8月17日に最終日を迎えたルースダイヤモンド部門(AsiaWorld Expoで開催)は、最初の2日間で中国、インド、フィリピン、ブラジルなどからのビジターが前年対比6.1%増加したと主催者のUBMアジアが発表。
◆9月13日付のRapNet Diamond Index(前月比、D-H,IF-VS2)はポインター中心に弱い展開。
ベストプライスは0.5ctが-1.5%、2.0ctが-0.9%、0.7ctが-0.8%とわずかに下落、0.3ctは±0.0%。他、3.0ctが+2.8%、1.0tが+0.3%、1.5ctが+0.1%と上昇。
平均価格は0.5ctが-1.7%、0.3ctが-1.4%、0.7ctが-0.5%と下落、1.5ctは±0.0%。
他、1.0ctが+0.2%、3.0ctが+0.7%、2.0ctが+1.0%と上昇した。
Rapaport Diamonds.netより、一部抜粋
提供:潟lットジャパン https://www.net-japan.co.jp/market/2017/09/post_188.html
2017/09/12
香港ショーを前に取引は限定的、研磨業者は減産体制

【9月12日】
◆インド:金融危機に陥っているダイヤモンド企業が報告されており、市場は慎重。
研磨業者は、研磨石の過剰供給と需要減少に対応し生産能力以下に減産している。
ディーラーは、香港ショーの準備に集中しており取引は限定的。
インド商品取引所(ICEX)が、1ct、H、VS2のダイヤモンド先物取引を開始。
◆香港:香港ショーを前にディーラー間取引はスロー。
夏も終盤を迎え、取引は静か。
宝飾業者は祝日を前に香港ショーで在庫量を増やそうとしているが、割引を求めている。
香港の7月の宝飾品や高額ギフトの売上が7.91億ドルと13%増加、1月から7月の売上が53億ドルと2.5%増加しており、ディーラーは小売の回復について楽観的。
マカオの時計、宝飾品の半期小売売上高が2%増加。
◆9月6日付のRapNet Diamond Index(前月比、D-H,IF-VS2)はポインター中心にベストプライス・平均価格ともに下げる展開。
ベストプライスは3.0ctの+3.2%を除きすべて下落、特に0.5ctが-2.4%と下落率が高い。他は、0.7ctが-1.1%、1.5tが-0.9%、0.3ctが-0.5%、2.0ctが-0.4%、1.0ctが-0.2%。
平均価格は0.5ctの-1.9%、0.3ctの-1.4%、0.7ctの-0.7%、3.0ctと1.0ctが-0.1%、1.5ctが+0.1%、2.0ctが+0.4%と弱含み。
◆De Beersの8月売上高が減少。
8月のDe Beersのダイヤ原石の売上高は7月の5.76億ドルから5.05億ドルとなり12%減少、前年比では21%減少した。
インドのディワリ祭の日程が昨年の10月30日から今年は10月19日へと早まり、インドのバイヤーが7月のサイトで既に手当て済みのためと見られている。
Rapaport Diamonds.netより、一部抜粋
提供:潟lットジャパン https://www.net-japan.co.jp/market/2017/09/post_187.html
2017/09/05
RAPIダイヤ平均価格全面安、バイヤーの値引圧力高まる

【9月5日】
◆インド:InterJewelの債務不履行が市場での資金繰り悪化懸念を増幅しており市場心理は弱い。
香港ショーへの期待高まる。
ポインターの在庫量増加、GIAドシエ需要振るわず。
市場には大量の原石が流通しており、研磨量は安定しているものの原石取引は鈍化。
◆香港:バイヤーはより高い値引きを求めており、サプライヤーは在庫量を減らし流動性を高める必要がある。
0.30-1 ct、F-H、VS-SI、RapSpec A2+ (3EX、蛍光性無し)の需要が堅調。
中国での宝飾品の小売販売増加、香港は改善。
◆8月30日付のRapNet Diamond Index(RAPI 前月比、D-H,IF-VS2)は3.0ctのベストプライスを除き全面安、特に0.5ctの下落率が高い。
平均価格は0.5ctの-3.2%、0.3ctの-2.6%、3.0ctの-2.4%、0.7ctが-1.8%、2.0ctが-1.7%、1.0ctが-1.3%、1.5ctが-0.9%。
ベストプライスは0.5ctが-3.4%、0.7ctが-2.0%と下落率が高く、1.5ctが-1.8%、1.0ctが-1.2%、0.3ctが-0.9%、2.0ctが-0.1%。
3.0ctのみ+2.0%と上昇。
◆De Beers、マーケティング予算を1億4,000万ドルに引き上げ
De Beersは年間マーケティング予算が1億4,000万ドル以上となり、2008年以来の最大の支出となると発表。
増加した投資は、主要市場(特に米国、中国、インド)のダイヤモンドジュエリーに対する消費者への販促費で、ほとんどがDe Beers自身のブランドであるForevermarkとDe Beers Diamond Jewelersをサポート。
◆中国の成長により周生生の売上が増加
香港拠点の周生生(Chow Sang Sang)は、中国での需要の増加と本土観光客の拡大を受けて上半期売上高が3%増加。
6月30日までの6か月間の売上高は10.2億ドル、利益は5,010万香港ドルで前年同期比8%増となった。
中国国内総生産(GDP)が+6.9%と予想外に急増し、中国本土での売上高は前年度比8%増の5億1,620万ドル。人民元ベースでの売上高は13%(既存店売上は8%)増加した。
香港とマカオの売上高は5%減少、内4%は店舗閉鎖に起因(既存店売上は3%減)したが、前年同期の26%急落からは底を打ったとの事。
Rapaport Diamonds.netより、一部抜粋
提供:潟lットジャパン https://www.net-japan.co.jp/market/2017/09/rapi.html
2017/08/29
ダイヤ市場は静か、研磨石の在庫量増加

【8月29日】
◆ダイヤモンド市場は閑散期のため静か、スローな夏以降在庫量が増大。
中国での宝飾品の小売販売が改善しているため、ディーラーは香港ショーでの研磨石取引増加に期待。
流通市場での原石価格低下に伴い、今週開催のDe Beersサイト(8/28-9/1)での原石価格軟化が予想される。
◆インド:ディーラーが香港ショーの準備に入っており研磨石市場は安定している。
米国、中国のVS-SIのGIA dossier需要が堅調。
0.70、0.90ctの需要低迷。
原石ディーラーはDe Beersサイトでの価格が高く利益率が低下しているため慎重。
ディワリ休暇(10/19)まで安定した研磨石の生産が続くと予想される。
◆香港:台風シーズンのためダイヤ取引が中断したが、香港ショーを前に市場心理が改善。
在庫量が大幅に増加する中、ディーラーは香港ショーのための適切な商品調達に主眼を置いている。
1 ct、D-F、VS2-SI2、RapSpec A2 +(3EX、蛍光なし)の需要が堅調。
中国およびその他のアジアの小売市場は安定、香港は徐々に改善している。
◆8月23日付のRapNet Diamond Index(前月比、D-H、IF-VS2)は平均価格の一部を除き下落。
ポインターは引き続きベストプライス・平均価格ともに下げており、弱い展開。
ベストプライスは0.5ctが-3.5%、1.5ct、1.0ctと0.3ctが-1.7%、0.7ctが-1.6%、3.0ctが-0.3%、2.0ctが±0.0%と全面安、特にポインターの下落率が高い。
平均価格は0.5ctが-0.4%、0.3ctが-0.3%と0.7ct未満がやや下落。
一方、3.0ctは+3.0%、2.0ctが+2.5%、1.0ctが+1.6%、1.5ctが+1.2%、0.7ctが+0.5%と上昇した。
◆インドの研磨石輸出は夏の小康状態で横ばい。
インドの7月の研磨石輸出は、ディーラーが夏休み期間中で、世界的需要の減速により横ばいとなった。
ムンバイ本拠の研磨サプライヤーによると、「米国の大手小売業者の需要は減少したが、中間層の宝飾品が買われている。中国のバイヤーは戻って来ているが、彼らは以前と同じように購入してはいない。」と指摘。
宝飾品輸出促進協議会(GJEPC)発表のデータによると、7月の研磨石輸出は16億5,000万ドルとなり、金額ベースでは前年並み。しかし重量ベースでの輸出量は2倍以上となり、1ct当たりの平均価格は55%下落、低品質ダイヤへの移行が鮮明となった。
Rapaport Diamonds.netより、一部抜粋
提供:潟lットジャパン https://www.net-japan.co.jp/market/2017/08/post_186.html
2017/08/23
周大福、Tマークブランド立上げ、トレーサビリティに着目

【8月22日】
◆ベルギーとイスラエルのディーラーが休暇を取っていたためダイヤモンド取引はスロー。
9月の香港ショーへの期待が高まるにつれ、中国市場が着目されている。
米国需要が安定して推移する中、宝石商は委託により商品を調達しており、不必要な在庫を避けている。
◆インド:研磨石の取引はスロー、ディーラーは9月の香港ショーで需要が改善されることを望んでいる。
米国及び東アジアからのSIの注文が安定しているものの、VVSは弱い。
研磨量は安定しており、在庫量が増加している。
原石需要軟化、流通市場では割増価格が1桁台に落ち込んでいる。
10月19日のDiwali祭を前に宝飾品の小売販売が堅調。
◆香港:安定した研磨石市場は、中国での需要増加を牽引している。
ディーラー心理は9月の香港ショーを前に改善。
1 ct、D-F、VS2-SI2、RapSpec A2+ (3Ex、蛍光無し)の需要が安定。
大粒ダイヤや高品質ダイヤの需要は弱い。
中国のブライダル需要は堅調、ファッション・ダイヤモンド・ジュエリーが人気。
◆8月16日付のRapNet Diamond Index(前月比、D-H,IF-VS2)は先々週からの流れと同じく、1ct以上の平均価格の一部を除き下落。
引き続きポインターはベストプライス・平均価格ともに下げている。
ベストプライスは特にポインターの下落率が高く、0.5ctが-2.9%、0.3ctが-2.0%、1.5ctが-1.5%、1.0ctと0.7ctが-1.3%、3.0ctが-1.1%、2.0ctが-0.1%となり全面安。
平均価格は1.0ct未満が全て下落。0.5ctが-1.3%、0.3ctが-0.7%、0.7ctが-0.1%。
他方、3.0ctが+3.4%、2.0ctが+2.4%、1.0ctが+1.6%、1.5ctが+1.5%と上昇。
◆周大福が追跡可能なダイヤモンドブランド「Tマーク」を発表
周大福は、独自の「Tマーク」を刻印した新しいダイヤモンドジュエリーブランドを立ち上げた。
先週香港でデビューしたTマークコレクションの各ダイヤモンドには、特許取得した技術による独自のシリアル番号が刻印されており、起点から生産までの経路を追跡することが可能。
同社は、香港、マカオ、中国本土の約200店舗で新コレクションを展開していると発表。
周大福は昨年、ブランドを強化するために「追跡可能(Traceable)で透明性(Transparent)が高く、真実(Truthful)で思いやりのある(Thoughtful)」ダイヤモンドをマーケティングする「4Ts」基準を発表した。これらのトレーサビリティの取り組みの一環であるTマークは、0.15ct、K-SI以上のほとんどの石に刻印される。
Rapaport Diamonds.net等より一部抜粋
提供:潟lットジャパン https://www.net-japan.co.jp/market/2017/08/t.html
2017/08/08
研磨石市場鈍化、9月の香港ショーに期待

【8月8日】
◆インド:安定した国内市場を反映しIIJSショーの雰囲気は良好。
J-K等ローカラー・ダイヤモンドへの需要が高い。
0.30-0.50 ct、G-I、VS-SIの東アジア需要が安定。
ミレニアル世代は、伝統的なデザインからlighter-weightジュエリーに移行している。
小規模の宝飾品業者が廃貨政策やGSTルールに適合する中、大手小売業者・ブランドは市場を拡大している。
◆ 香港:販促のための催事もなく、研磨石市場鈍化。
宝飾品小売大手の販売増加に伴い9月の香港ショーを前に市場心理が改善。
0.50-1ct、D-H、VS-SI、RapSpec A2 +(3EX、蛍光なし)の需要が安定。
バイヤーは商品を探しているが、より高い値引きを求めている。
◆8月2日付のRapNet DiamondIndex(前月比、D-H,IF-VS2)は先週と同様、平均価格の一部を除き下落。
ベストプライスは全面安となり、特に3.0ctの下落率が-3.0%と高い。
他は0.3ctが-2.4%、0.5ctが-2.3%、0.7ctが-2.1%、2.0ctが-1.6%、1.5ctが-0.8%、1.0ctが-0.6%と下落。
平均価格は0.5ctが-2.1%、0.3ctが-1.6%、0.7ctが-0.6%と1.0ct未満が全て下落。
3.0ctは+4.0%と大幅上昇、2.0ctが+1.5%、1.0ctが+0.9%、1.5ctが+0.8%と先週に比べ上昇率が鈍化。
◆米国では卸売市場が閉まり、夏季休暇モード。
研磨石価格は、需要鈍化と供給過剰により軟化。
7月の需要はやや減速したものの、製造業レベルでは10月19日のインドのディワリ祭で工場操業が中断するまでは引き続き高い水準にとどまるとみられている。
また、ベルギーやイスラエルの業者が夏季休暇を取っており、研磨石取引は8月も引き続き減速すると予想されている。
小売業者が秋の休日に備えており9月の香港ショー以降、価格維持・需要増加への期待が高まっている。
Rapaport Diamonds.net等より、一部抜粋
提供:潟lットジャパン https://www.net-japan.co.jp/market/2017/08/9_1.html
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >

- W&J WEBSITE -