ダイヤモンド市況概況

2018/02/27
インド市場、銀行融資引締めに警戒感

【2月27日】
◆インド:主要銀行のNirav ModiとGitanjaliへの18億ドルの融資詐欺に対して係争中で、融資引き締めが予想されインド市場は警戒している。
最近のIIJS Signature ショーにおける国内需要は比較的低い。
ディーラーは米国と中国市場に着目している。
研磨業者は生産量を増加しており、小さなサイズからポインターに移行している。
原石取引は安定している。
◆香港:RapSpec A2+ダイヤモンドの価格が堅調に推移する中、中国旧正月の期間中、宝飾品の販売が改善しており香港ショーへの期待が高まっている。
1ct、G-H、VS-SI、RapSpec A2+ ダイヤモンドに安定した需要がある。
3ct以上の大粒石の売行き良好。
◆RapNet Diamond Index(D-H、IF-VS2)上昇率鈍化。
ベストプライスは、2.0ctのみ変化がみられず、他はすべて上昇したものの上昇率は低い。
平均価格は、0.3ctが3.0%、0.5ctが1.8%、0.7ctが1.5%、1ctが0.6%と上昇、3.0ctが-0.2%と下落し、1.5ctは変化なし。
Rapaport Diamonds.netより、一部抜粋
提供:潟lットジャパンhttps://www.net-japan.co.jp/market/2018/02/post_203.html
2018/02/20
市場は静か、香港ショーへの期待高まる

【2月20日】
◆インド:ディーラーは香港ショーの最終準備に入っている。
香港のディーラーは中国旧正月に伴い休暇中で、ムンバイの外国人バイヤーは少ない。
米国でのダイヤ需要が堅調。
休暇後の需要を見越し、研磨業者は生産量を増加している。
原石市場は活況だが、高い価格水準は懸念事項。

◆香港:中国旧正月に伴い卸売市場が閉鎖、ディーラー間取引は鈍化。
中国と香港の宝飾品販売の見通しは楽観的。
地元の消費者は買物よりも家族に重点を置いており、休暇前の小売は振るわない。

◆RapNet Diamond Index(D-H、IF-VS2)鈍化傾向。
ベストプライスは、3.0ctのみ-1.8%と下落、他はすべて上昇。
平均価格は、0.3ctが5.3%、0.5ctが2.4%、0.7ctが2.2%、1ctが0.6%と上昇したものの、1.5ctが-0.5%、2.0ctが-0.4%、3.0ctが-0.3%と下落。

Rapaport Diamonds.netより、一部抜粋
提供:潟lットジャパン https://www.net-japan.co.jp/market/2018/02/post_202.html
2018/02/13
中国旧正月への小売期待高まる、研磨石の増産体制続く

【2月13日】
◆中国旧正月の小売りシーズンに期待が高まっている。
2月27日開幕の香港ショーを見据え、イスラエルのインターナショナル・ダイアモンド・ウィークでの取引が活況。
米国の小売業者は、最近の株価下落にもかかわらず、バレンタインデーでの売上期待から在庫を補充している。
1月のRAPI2.2%上昇、研磨石価格堅調。
研磨業者は、原石価格上昇に伴い利益率低下を懸念している。
2017年、宝飾用ダイヤモンドの販売額は12%増加し2億700万ドル。

◆インド:研磨業者は、米国と中国の休暇後の良好な需要を期待し、在庫構築のため生産量を増加させている。
1ct、I-L、SIに安定した需要がある。
研磨石の輸入税5%への引上げは、再研磨業者の利益を圧迫する。
大手ブランドの宝飾品販売が堅調。

◆香港:ディーラーが中国旧正月に伴い休暇に入っており卸売市場は静か。
1-2ct、D-J、VS-SI、RapSpec A2ダイヤモンドの需要が良好。
旧正月に伴う繁忙期が始まり、宝飾業者は売上増に楽観的。
オンライン小売業者の市場占有率は高いが、利益率はタイト。

◆RapNet Diamond Index(D-H、IF-VS2)上昇率鈍化。
ベストプライスは、3.0ctが-0.6%と下落率が緩和、他はすべて上昇。
平均価格は、0.3ctが4.6%、0.5ctが2.6%、0.7ctが3.0%、1ctが1.7%、1.5ctが0.6%、3.0ctが0.1%と上昇率が大幅に鈍化、2.0ctは-0.2%と微減。

Rapaport Diamonds.netより、一部抜粋
提供:潟lットジャパン https://www.net-japan.co.jp/market/2018/02/post_201.html
2018/02/06
ダイヤ価格底堅いが大量の原石流入により不透明

【2月6日】
◆ダイヤ需要が安定、価格は底堅い。
2017年、中国での金や銀製品、宝飾品の売上高は472億ドルとなり6%増加、戌年への期待が高まる。
De Beersはサイトホルダー以外にもオークションにて原石を販売。
LVMHの第4四半期は宝飾品・時計販売が13億ドルとなり9%増加。
Rapaport Round Price、0.3-0.69ct、1.0-1.49ctのVS-SI中心に上昇。

◆インド:中国旧正月の受注が一段落し、取引はやや鈍化。
1月のDe Beersサイト(売上6億5,500万ドル)期間中、原石需要が高まりディーラーの販売価格は平均6%のプレミアム付。
0.30-1ct、G-J、VS-SI、RapSpec A3 +ダイヤモンドの需要が良好。
1月下旬に大量の原石が市場に流入したため、研磨量が増加している。
インドは研磨石の輸入税を2.5%から5%に引き上げる。

◆香港:2月は中国旧正月以降も香港ショーが開催されるなど、ディーラー心理はポジティブ。
1-2ct、D-H、VS-SIの需要が高まっている。
2017年にはジュエリーや時計、貴金属の売上が96憶ドルと6%増加し小売売上が改善。

◆RapNet Diamond Index(D-H、IF-VS2)上昇傾向。
ベストプライスは、3.0ctが-0.6%と下落率が緩和、他はすべて上昇。
平均価格は、0.3ctが14.6%、0.5ctが11.1%、0.7ctが5.8%、1ctが3.1%、1.5ctが1.4%、3.0ctが1.1%と上昇、2.0ctのみ-0.6%と微減。

Rapaport Diamonds.netより、一部抜粋
提供:潟lットジャパン https://www.net-japan.co.jp/market/2018/02/post_200.html
2018/01/30
大量の原石が市場に流入、研磨石の生産量増加

【1月30日】
◆インド:研磨石市場はやや静か。
宝石商はすでに中国旧正月用の仕入れを完了しており、東アジアからの受注が鈍化。
品不足とディーラーの需要により研磨石の価格が維持されている。
0.50-2ct、F-H、VS-SIへの注目度が高まっている。
新しい原石が大量に市場に供給されたため、研磨石の生産量が増加。
De Beersサイトの期間中、原石需要が堅調。

◆香港:旧正月の小売りシーズンに期待が高まる中、2018年の出だしは好調。
中国の宝石商は委託による商品を増やしている。
0.30〜0.50ct、E-G、VS-SI(3EX、蛍光なし)に底堅い需要がある。
D-G、VVSの売行きが好調。
宝石商は干支に因み、犬をモチーフとしたジュエリーを推進している。

◆RapNet Diamond Index(D-H、IF-VS2)改善。
ベストプライスは、3.0ctのみ-1.5%と下落、他はすべて上昇。
平均価格は、0.3ctが14.2%、0.5ctが10.5%、0.7ctが5.6%、1ctが3.6%、1.5ctと3.0ctが1.5%と上昇、2.0ctのみ-0.2%と微減。

Rapaport Diamonds.netより、一部抜粋
提供:潟lットジャパン https://www.net-japan.co.jp/market/2018/01/post_199.html

2018/01/23
低価格帯への需要加速、研磨業者は小粒ダイヤの研磨に移行

【1月23日】
◆インド:GIA dossier付VS-SI及びG-J、SI1-I1のGIAレポート付ダイヤ需要が良好、取引は上向き。
中国と香港のバイヤーの仕入れは積極的。
ディワリ以降、研磨石の生産量減少に伴い一部商品が品薄状態。
多くのカッターが小さなサイズの研磨に移行している。
原石需要が堅調。

◆香港:研磨石の価格が堅調に推移、取引は安定している。
GIA付RapSpec A2+ (3EX, 蛍光性無し)、0.50-2ct、D-G、SI需要が堅調。
中国の旧正月での販売、特にハイエンド商品への販売期待が高まっている。
中国の一人っ子政策により花嫁が不足する中、大きくより良質なダイヤモンドの購入は花婿としての立場を優位にしている。
カスタムジュエリーの人気高まる。

◆RapNet Diamond Index(D-H、IF-VS2)改善。
ベストプライスは、3.0ctが-0.6%と下落率が緩和、他はすべて上昇。
平均価格は、0.3ctが14.9%、0.5ctが10.2%、0.7ctが5.8%、1ctが3.9%、1.5ctが2.5%と上昇、他は微増。

Rapaport Diamonds.netより、一部抜粋
提供:潟lットジャパン https://www.net-japan.co.jp/market/2018/01/post_198.html
2018/01/16
中国でジュエリーの特別注文の人気高まる

【1月16日】
◆インド:取引は比較的静か。米国と欧州のディーラーがクリスマス・新年の休暇から徐々に戻りつつある。
中国や韓国、イスラエルの外国人バイヤーが商品を探している。
色甘商材が品薄の中、1ct、I-L、VS-SIに安定した需要がある。
0.70ctの需要鈍化。
研磨石の生産量は研磨業者の生産能力を下回っているが、今後の原石の供給次第で増加することが予想される。

◆香港:取引は安定しているが、クリスマス以前ほどの勢いはない。
中国本土で宝飾品の小売りが新たな成長を遂げており、中国旧正月での売上見通しは明るい。
1ct、D-G、VS-SI需要が堅調。
中国のミレニアル世代の間でジュエリーの特別注文の人気が高まっている。

◆RapNet Diamond Index(D-H、IF-VS2)回復基調。
ベストプライスは、3.0ctのみ-0.8%となり、他はすべて上昇。
平均価格は、0.3ctが14.1%、0.5ctが10.0%と上昇、3.0ctのみ横ばいで他はすべて上昇。

Rapaport Diamonds.netより、一部抜粋
提供:潟lットジャパン https://www.net-japan.co.jp/market/2018/01/post_197.html
2018/01/09
RapNet Diamond Index改善、厳しい環境からの脱却を示唆

【1月9日】
◆2018年のダイヤモンド市場は楽観的。
研磨業者の研磨量が生産能力を下回り、需要のある商品の品薄感により研磨石の価格が支えられている。
2017年の1 ct. RAPIが-5.3%と下落する中、12月は+0.3%と上昇、昨年の厳しい環境からの脱却を示唆。
今月後半のAlrosaとDe Beersによる原石販売時、原石需要が高まることが予想される。
最近の株式市場の上昇により、高級志向の消費者マインドが高まっており中国旧正月(2月16日)は好調の見通し。
Titan CompanyはDiwaliでのジュエリー・セールスの2桁成長を報告している。
◆インド:中国の旧正月需要に支えられ市場は安定している。
休暇期間中、米国とヨーロッパは静か。
ムンバイ滞在のアントワープのディーラーが商品を探している。
ディーラーは、インドや米国、中国の消費者の買い意欲に注目している。
流通市場での原石価格が堅調に推移する中、原石の取引は静か。
研磨量は安定しており、新たな研磨石は少しずつ市場に出てくる。
◆香港:研磨石の取引は鈍化しているが、市場心理は肯定的。
ディーラーは、香港と中国での小売販売の成長復活に伴い、中国旧正月に向け楽観的。
0.30-0.60 ct、H-L、VS1-SI2に安定した需要がある。
1 ct、F-J、VS-SI、RapSpec A2+ の需要が堅調。
バイヤーの予算が厳しさを増す中、仕入れは低品質商品へと移行している。
香港での11月の宝飾品や腕時計、高級品の売上高は8%増の7億8,300万ドルと改善。
◆RapNet Diamond Index(D-H、IF-VS2)は、回復の兆し。
ベストプライスは、3.0ctが-1.7%、0.7ctが-0.3%と下落したものの、0.3ctが1.7%と上昇し他も微増。
平均価格は、ほぼすべてが上昇、2.0ctのみ横ばい。
Rapaport Diamonds.netより、一部抜粋
提供:潟lットジャパン https://www.net-japan.co.jp/market/2018/01/rapnet_diamond_index.html
2017/12/26
「世界経済成長への期待感から、2018年の取引は楽観的」

【12月26日】

◆ディーラーは、中国の新年の需要に着目。
30年ぶりとなる米国の大幅な税制改革による世界経済成長への期待感から、2018年の取引は楽観的。
カッターは、原石価格上昇による利益率低下を懸念している。
米国の10月の研磨石輸入は18憶ドルとなり14%減、輸出は12憶ドルと5%減少した。
◆インド:中国旧正月の受注は1月中旬まで続くと予想される。
市場に流入した小粒で安価な大量の原石により研磨業者は工場を維持している。
カッターは、現在の原石価格での利益率に懸念を抱いており、原石取引は静か。
インドの11月の研磨石輸出は18億ドルと50%増、原石の輸入は19憶ドルと64%増加した。
◆香港:1ct、F-H、VVS2-SI2(3EX、蛍光なし)のダイヤモンド需要が堅調。
カラー・ダイヤモンドの需要が高く、特に大粒のファンシー・ピンクダイヤモンドが人気。
中国人観光客は、海外より国内優先意識が強く、香港よりも中国本土の小売りが好調。

◆RapNet Diamond Index(D-H、IF-VS2)は、全体的に弱含み。
ベストプライスは、1.5ctが+0.1%と微増、2.0ctが横ばい、他はすべて微減。
平均価格は、3ctが+2%、1.5ctが+1.1と増加、1ct、0.3ctが微増、他は微減。

Rapaport Diamonds.netより、一部抜粋
提供:潟lットジャパンhttps://www.net-japan.co.jp/market/2017/12/2018_1.html
2017/12/19
2018年最大の懸案事項は合成ダイヤモンド

【12月19日】
◆クリスマスの駆け込み注文と旧正月の準備により市場は活況。
米国では株式市場の記録的な高値更新など経済成長により消費者心理が上向いている。
休日需要と、研磨量の減少により研磨石の在庫量が減少。
合成ダイヤモンドは2018年の最大の懸案事項であり、銀行融資が縮小され製造利益を圧迫する。
原石市場は、12月のサイトが4.5億ドルと安定している。

◆インド:研磨石の取引鈍化にもかかわらず市場心理は肯定的。
研磨業者は、年末まで減産体制を維持。
第4四半期のメレ需要が改善。
原石の取引は安定している。
ディーラー市場での利益率がやや改善しているものの、研磨業者の利益は減少。

◆香港:大手小売業者が中国旧正月用に準備を進めており研磨石取引は安定している。
季節柄、消費者心理改善に伴い小売期待が高まっている。
1ct、D-H、VS-SI、RapSpec A2+の商品需要が堅調。
GIA ドシエ需要が良好。
中国の消費者や観光客は、地元での消費にシフトしており、香港より中国での販売が良好。

◆RapNet Diamond Index(D-H、IF-VS2)は、全体的に弱含み。
ベストプライスは、1.5ctのみ横ばい、他はすべて微減。
平均価格は、0.3ct、3.0ctが微増、1.5ctが横ばい、他は微減。

Rapaport Diamonds.netより、一部抜粋
提供:潟lットジャパン https://www.net-japan.co.jp/market/2017/12/2018.html
< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >

- W&J WEBSITE -