ダイヤモンド市況概況

2016/02/02
原石価格値下げにより研磨業者の収益性が改善

増産体制に移行

【2月2日】
◆品不足により研磨石価格が堅調に推移している。
原石価格が低く抑えられているため研磨業者の収益性が改善し生産量が増加。
1月のDe Beersサイトでの原石販売額は、昨年12月の$248Mから$540Mと2倍強。
De Beersの原石価格は7-10%値下げされた模様。
RapSpec A2 (3X, none)、1ctの需要が高く、3VGよりも6-8%のプレミアム付で取引されている。
De Beers の2015年の生産量は28.7M cts.で12%減少、販売量は20.6M cts.で 40%減少した。
ALROSA の2015年の生産量は38.3M cts.と6%増加、販売額は$3.4Bとなり30%減少、重量ベースでは30M cts.となり25%減少した。
◆香港では中国の旧正月向けの注文が一段落し卸売市場はスロー。
一部ダイヤモンドディーラーや宝石の卸売業者が春節を前に休業に入る中、繁忙期の小売販売への関心が高まっているが、中国の景気減速や香港への観光客減少に伴い期待度は低い模様。
◆インドルピーの下落により国内需要が減少しておりムンバイでの市場心理は複雑。
1ct、G-J, VS-SIの需要が堅調。
良質のメレ価格はサプライヤーの在庫量も多く弱含みの状況。
受給バランスの解消に向け研磨業者は少しずつ生産量を増加させている。
生産量の増加に伴い、原石需要が改善。
◆2016/1/27付のRapNet Diamond Index(D-H、IF-VS2、前月比)
平均価格は全てのサイズが上昇。
特に0.3ctが+5.5%、0.5ctが+2.8%となり、強い上昇傾向が続いている。
また2.0ctは+1.4%、1.5ctは+1.2%、他は微増となり落ち着いている。
ベストプライスは3.0ctが-1.4%となったのを除き、全てのレンジで上昇。
0.3ctが+4.6%、0.5ctが+3.3%、0.7ctが+3.2%と高いが、上昇率は先週より落ち着いている。
他は2.0ctが+1.7%、1.5ctが+1.6%、1.0ctが+0.9%と微増。
Rapaport® Diamonds.Net「Market Comments 1/28/2016」等より一部抜粋
提供:潟lットジャパン http://www.net-japan.co.jp/market/2016/02/post-135.php
2016/01/28
中国旧正月での販売期待は低い

インド市場は品不足を背景に改善

【1月26日】
◆香港では、市場がクローズする旧正月を前にディーラーが最終注文に対応している状況。
例年この時期は需要が軟調であるが、経済成長の減速に伴い香港・中国の小売店は警戒心を強めている。
春節に伴う大型連休中に、中国本土から香港への観光客が減少することが予想され期待度は低い。
◆インドでは品不足を背景に研磨石価格が堅調に推移しており市場は楽観的。
Diwali以降取引が改善。
中国の旧正月需要が低迷していることから、サプライヤーの懸念が高まっている。
インドルピーの大幅な下落が市場心理を圧迫している。
通貨安は内需縮小を招くが、輸出の促進につながる。
研磨業者が品不足を補うために生産量を増やしており原石取引が改善。
◆1/20付のRapNet Diamond Index(D-H、IF-VS2、前月比)
平均価格は全てのサイズで上昇。
特に0.3ctが+7.1%、0.5ctが+3.5%と上げ幅が大きい。
また1.5ctは+1.2%となり、他も先週より微増。
ベストプライスは3.0ctの-0.9%を除き、全てのレンジで上昇。
0.3ctが+5.2%、0.5ctが+4.7%、0.7ctが+2.8%、2.0ctが+1.8%と先週よりも強い値を示している。
他は1.5ctが+1.5%、1.0ctが+0.9%の微増となった。
◆Rio Tintoの第4四半期生産が50%増。
Rio Tintoは、第4四半期(〜12/31)のダイヤモンドの生産が430万ct(前年同期比50%増)に急増したと発表。
西オーストラリア州・東キンバリー地域のアーガイルピットは3ヶ月で340万ct(前年同期比86%増)の生産量となった。
一方、カナダのDiavik鉱山の生産は89万9千ct(3%下落)。
2015年同社の通期生産量は1,740万ct(25%増)、2016年の見通しは2,100万ct(2015年の21%増)と予想。
Rapaport® Diamonds.Net「Market Comments 1/21/2016」等より一部抜粋
提供:潟lットジャパン http://www.net-japan.co.jp/market/2016/01/post-134.php
2016/01/21
香港、マカオでのジュエリー販売低迷、中国需要は不透明
【1月19日】
◆香港では、市場がクローズする旧正月を前に最終的な受注に対応している。
小売業者が2014年に仕入れた在庫が未だ残っており、取引は昨年より鈍化傾向。
RapSpec A2 (3X, none) 0.30-1ct、D-I、VS-SIが品不足により価格を維持している状況。
中国でのジュエリー販売は安定しているものの、香港、マカオは低迷。
中国の景気減速及び株価暴落により市場心理が悪化している。
◆インド市場は、安定した米国需要に支えられ堅調だが、中国の需要については不透明な状況。
2016年の市場は品不足により昨年より良くなるとディーラーは予想している。
RapSpec A2及びより高品質なダイヤモンド (3X、none)は供給量が限られており価格は底堅いが、多くのRapSpec A3及びより低品質なダイヤモンドの価格は軟調。
研磨業者は減産体制を維持しているが、第1四半期には少量の研磨石の供給が期待されている。
De Beers sightとALROSAの販売を前に原石需要は安定している。
◆1/15付、ラパポートダイヤモンド価格上昇
ラパ価格は1/3〜1/2ct、VVS〜SIを中心に2〜6%上昇。
国内のポインター実勢価格はここ数カ月一部を除き大幅に下落しており、ラパの価格変更による影響は未知数。
◆2016/1/13付のRapNet Diamond Index(D-H、IF-VS2、前月比)
ベストプライスは3.0ctが-1.6%と下落になったのを除き、全てのレンジで上昇。
0.3ctが+3.6%と高く、0.5ctが+2.8%、0.7ctが+2.4%、1.5ctが+1.9%と続き、他は微増。
平均価格は全てのレンジで上昇、0.3ctが+6.1%と強く、0.5ctは+2.2%、他はわずかに増加した。
◆六福集団、2015年10−12月期の既存店売上高は25%減
大手宝飾小売の一つである六福集団は、2015年10−12月期の小売事業の既存店売上高が25%減少したと発表。
地域別では香港・マカオが26%減、中国本土が10%減。
製品別では金製品が25%減で、その内訳は香港・マカオが26%減、中国本土が14%減。
ジュエリーは26%減で、香港・マカオが27%減、中国本土が2%増。
金製品の既存店ベースでの販売量(重量)は18%減で、香港・マカオが19%減、中国本土が10%減。
2015年12月末の直営店は159店で、香港が47店、マカオが10店、中国本土が96店、海外が6店。
中国本土の加盟店1,260店、韓国の加盟店1店を加えると、合計で1,420店となる。
Rapaport® Diamonds.Net「Market Comments 1/14/2016」、香港証券取引公告等より一部抜粋
提供:潟lットジャパン  http://www.net-japan.co.jp/market/2016/01/post-133.php
2016/01/12
中国の旧正月需要は不透明、

研磨石不足により原石需要高まる

【1月12日】
◆香港では中国の旧正月(2/8)の準備のため取引が改善している。
RapSpec A2 (3X, none) 0.30-0.50ct、D-J、VVS1-SI需要が堅調に推移、GIA-dossier付商品不足が価格を支えている。
大粒石市場には警戒感が漂い、旧正月の需要は不透明な状況。
地元香港の小売業者は観光客の減少による売り上げへの影響を危惧している。
中国株の大暴落により消費者心理への影響が懸念されるが、中国本土は楽観的な様子。
◆インドでの取引は改善。
RapSpec A2 (3X, none) の価格が商品不足により底堅いため、バイヤーは低品質のRapSpec A3及びより下位の商品に着目している模様。
研磨石不足により原石需要が高まっているが、研磨業者は生産能力の推定30%ほどの生産量を維持している。
◆2016/1/6付のRapNet Diamond Index(D-H、IF-VS2、前月比)
ベストプライスは3.0ctがわずかに下落(-0.4%)したのを除き全てのレンジで上昇。
0.3ctが+4.3%と上昇率が高く、0.5ctが+2.4%、1.5ctが+1.5%、他はわずかな上昇に留まる。
平均価格は全てのレンジで上昇、特に0.3ctが+6.5%と強い。
0.5ctが+2.3%、3.0ctが+1.9%、0.7ctが1.4%、他は微増。
◆周大福の第3四半期売上は前年同期比11%の減少
中国本土から香港への観光客減少及び香港とマカオの地元での購買意欲低下が原因。
1/8の同社発表によると、香港の既存店売上は金額ベースで15%、重量ベースで13%減少した。
◆11月の米国研磨石輸入は前年同月比15%減少
11月の米国研磨石輸入は16.2億ドルとなり、前年同月比15%減少した。
重量ベースでは14%減の735,561ct、平均ガイ価格は0.6%低い2,205ドルで9月の23%減に続き、2番目に大きい下げとなった。
Rapaport® Diamonds.Net「Market Comments 1/7/2016」等より一部抜粋
提供:潟lットジャパン http://www.net-japan.co.jp/market/2016/01/post-132.php

2015/12/22
消費者心理弱く中国、旧正月の需要は不透明、

一部ポインター需要が高まり品薄状態

【12月22日】
◆中国やインドのバイヤーからの問合せも多く香港市場は活気を戻しているが販売量は少ない。
消費者心理は弱く、ディーラーは中国の旧正月(2月8日)の需要に不安感を募らせている。
時期的な需要はあるものの、小売業者の仕入は少ない。
GIA-dossier付0.30-0.40ct、D-I、VS-SI (VG+)の需要が高まり品薄状態。
中国本土の小売売上高は安定しているが、香港、マカオは弱い。
◆インド市場はDiwali以降、着実に改善している。
減産体制下、安定した受注により研磨石の在庫量が減少。
研磨工場の稼働率は2014年の30〜50%。
De BeersサイトやALROSAの原石販売量が激減しており原石需要は低迷。
Diwali以降、0.30-0.70ct、D-J、VS-SI需要が堅調で3EX、蛍光性noneが品薄状態。
◆12/16付のRapNet Diamond Index(D-H、IF-VS2、前月比)はベストプライス・平均価格とも全てのレンジで上昇。
ベストプライスは、0.3ctが+6.0%と群を抜いて高い。
他も先週より高く、1.0ctが+2.3%、1.5ctが+2.0%、0.5ctが+1.7%、0.7ctが1.4%、3.0ctが+0.6%。
平均価格も0.3ctが+2.6%と強い。他は0.7ctが+1.8%、3.0ctが+1.6%、1.0ctが+1.5%、1.5ctが+1.1%、2.0ctが+1.0%、0.5ctが+0.5%と続く。
◆11月のベルギーの研磨石輸出が12%減少
The Antwerp World Diamond Centre(AWDC)によると、11月のベルギーの研磨ダイヤモンドの輸出は9億2,040万ドルとなり、前年同期比で12%減少した。
平均価格は5%減少しガイ単価2,406ドル、輸出量は16%下落し382,491カラットとなった。
香港への輸出が1億8,810万ドルと0.7%増加、他は米国が18%減の2億5,570万ドル、イスラエルが27%減の7,960万ドル、UAEが21%減の1億1,120万ドルとなった。
スイスへの輸出は35%増の1億40万ドルと急増した。
Rapaport® Diamonds.Net「Market Comments 12/17/2015」等より一部抜粋
提供:潟lットジャパン  http://www.net-japan.co.jp/market/2015/12/post-130.php
2015/12/15
香港・インド市場共に改善。

クリスマス及び中国の旧正月需要高まる

【2月15日】
◆香港市場ではGIA dossier、0.30-1ct.の需要が堅調。
クリスマス及び中国の旧正月向け3EX、蛍光性無しの0.30-0.40ct D-J、VS-SIが品薄状態。
低品質のダイヤ需要は弱い。
香港・マカオでの宝飾品小売りはスロー、中国本土は安定。
買物目的の中国人観光客を引き寄せるため、ディーラーや宝石商は香港から深圳の自由貿易地域にシフトしている。
◆インド市場は研磨業者やディーラーがDiwali休暇から戻り改善している。
米国、イスラエルのバイヤーの仕入意欲は旺盛だがアジアのバイヤーの存在感は薄い。
良質な0.30-0.40ct.、G-J、VVS2-SI2が品薄のため需要が高まっている。
研磨業者の継続的な減産体制により在庫量が減少。
原石価格が高く、De Beersが供給を制限しているため新たな原石の市場流入はわずか。
◆12/9付のRapNet Diamond Index(D-H、IF-VS2、前月比)
ベストプライス・平均価格とも前月同日比で上昇傾向が続くが、一部の大粒石のみがわずかにマイナス。
ベストプライスはポインター中心に上昇し、0.3ctが+5.7%とずば抜けて強い。
他は1.0ctが+1.9%、0.7ctが+1.4%、1.5ctが+1.0%、0.5ctが0.8%の上昇となった。
大粒石のベストプライスは2.0ctのみがマイナスとなり-0.2%、3.0ctはプラス転換し+0.7%。
平均価格は3.0ctと1.5ctがわずかに下落したが、他は全て上昇。
0.3ctが+4.0%と強く、0.7ctが+1.2%、0.5ctが+0.9%、1.0ctと2.0ctが+0.2%と続く。
◆ALROSAとThe Antwerp World Diamond Centre (AWDC)はモスクワのAlex Van Meeuwenベルギー大使公邸に要人とALROSAの顧客を招いてネットワーキングイベントを開催。
出席者はCathy Berx(アントワープ州知事)、ALROSA社長のAndrey Zharkov、AWDC代表のRamesh PatelとJacques Weisz(Gokhranの代表者)、ロシア政府高官数名とALROSAの長期契約顧客も招かれた。
Rapaport® Diamonds.Net「Market Comments 12/10/2015」等より一部抜粋
提供:潟lットジャパン http://www.net-japan.co.jp/market/2015/12/post-129.php
2015/12/08
香港・インド市場共に改善。

クリスマス、中国の旧正月向け需要が後押し

【12月8日】
◆香港での研磨石取引は、GIA-dossier 及びカラットサイズの安定した需要に支えられ良好。
Hong Kong Jewellery Manufacturers Association showでの取引は予想を上回り成功裏に終った模様。
ジュエリーの小売販売において利益確保が難しい状況下、小売店はクリスマスや中国の旧正月向け販促商品の仕入価格値下げを提示。
消費者需要低下に伴い、周大福の平均販売価格が下落している。
◆インドではDiwali以降バイヤーが市場に戻り、研磨石の取引が改善している。
0.30-0.50ct.のSIなど品不足により価格が維持されている状況。
研磨業者の減産体制により品薄状態が加速することへの懸念からバイヤーは仕入に積極的。
研磨業者は利益の出ない原石仕入を避けており、原石取引は静か。
12月のDe Beersサイト(12/7-11)への期待度は低い。
◆12/2付のRapNet Diamond Index(D-H、IF-VS2、前月比)
ベストプライス・平均価格とも前月同日比(Diwali前との比較)で上昇傾向だが、3.0ctupの大粒石だけは若干のマイナス。
ベストプライスは3.0ctのみ-0.2%となりマイナス、他はポインターを中心に上昇。
平均価格も3.0ctのみが-0.1%とわずかに下落したが、他は全て上昇した。
◆De BeersがKimberley鉱山を売却
De Beers Consolidated Mines (DBCM)はKimberley鉱山をEkapa Minerals (Pty) Limited(50.1%)とPetra Diamonds Limited(49.9%)の共同事業体に売却したと発表した。
Rapaport® Diamonds.Net「Market Comments 12/3/2015」等より一部抜粋
提供:潟lットジャパン http://www.net-japan.co.jp/market/2015/12/post-128.php
2015/12/01
ラパポートはDe Beers CEOの辞任及び原石値下げを要求

インドでの原石需要激減

【12月1日】
◆ラパポートは、ダイヤモンド取引での流通量と利益確保のため、De Beers CEOの辞任及び、原石価格の30-50%値下げを求めている。
De Beersはボツワナ産原石の購入及び支払いを停止、前年対比の半期売上高は少なくとも60%減少、場合によっては70%の急落が予想されている。
◆香港ではGIA dossier需要が堅調だが、市場は全体的に厳しい状況。
サプライヤーの利益率は引続き低い。
今年の販売が低調のため宝飾業者の在庫が増大している。
色石製品より金製品の販売が堅調で、香港より中国本土での需要が高い。
◆インド市場はDiwali後、通常の取引に戻りつつある。
米国市場ではSI-I2の需要が強く、VS需要が改善。
受注商品に対しサプライヤーは強気の価格を維持しているが、大手小売業者は大幅値引きを要求している。
12月の研磨量は減少することが予想されており、原石需要は非常に弱い。
結婚シーズンでの安定した宝飾品需要への期待が高まっている。
低価格帯のゴールドジュエリーに需要がある。
◆11/25付のRapNet Diamond Index(D-H、IF-VS2、前月比)はベストプライス・平均価格とも落ち着き感が見られる。
2.0ct未満とポインターは上昇傾向だが、2.0ctや3.0ctの大粒石は依然弱い。
ベストプライスは3.0ctが-1.4%、2.0ctが-0.2%の下落のみ。
一方、0.3ctが+2.7%、1.5ctが+1.4%、1.0ctが+1.0%、0.7ctが0.9%、0.5ctが+0.3%と上昇。
平均価格は3.0ctが-1.5%、2.0ctが-0.1%と下落。
他は0.3ctが+3.0%、0.5ctが+2.0%、0.7ctが+1.6%、1.0ctが+1.3%、1.5ctが+0.6%と上昇した。
◆今世紀最大のダイヤ、73.6億円超での売却望む
ボツワナの鉱山で宝石品質が見込まれる1,111ctのダイヤ原石を発見したカナダのダイヤ採鉱会社Lucara Diamond Corp.,のWilliam Lamb(CEO)は「希望売却価格は現在出ている推定より高く、6,000万ドル以上だ」と語った。
テニスボールより少し小さいこのダイヤは、1905年に南アフリカ共和国で発見された3,106カラットの「Cullinan(カリナン)」に次ぐ大きさ。
カリナンは幾つかにカットされ英王室の王冠などに使われている。
Rapaport® Diamonds.Net「Market Comments 11/26/2015」、Bloomberg等より一部抜粋
提供:潟lットジャパン http://www.net-japan.co.jp/market/2015/12/de-beers-ceo.php
2015/11/25
香港の小売大手の利益率が急減、インドの原石市場低迷

【11月24日】
◆香港市場は、Diwali休暇に伴いインド市場がクローズしていたため、掘り出し物を探すバイヤーによりやや改善している。
ダイヤモンド・ディーラーはシングルデー商戦を活用、アリババは11月11日の総売上額が前年比60%増の143億ドルと過去最高額を記録したことを発表した。
香港のジュエラーは在庫を大量に抱えており市場はスロー。
宝飾品販売が鈍化しており、小売大手の利益率が急激に低下している。
中国では、宝石をあしらった宝飾品よりもゴールド・ジュエリーの販売が好調。
◆インドでは、Diwali休暇からディーラーが戻ってきており、今週から通常の活動が再開される模様。
バイヤーは仕入に消極的で、サプライヤーは危機感を募らせている。
国内外の倒産情報により市場心理が悪化。
ネット通販により小売りが促進される中、Diwaliでの宝飾品販売は横ばい状態。
低い金価格が結婚シーズンを通して販売促進に寄与、現地需要は堅調に推移すると予想されている。
原石価格が高く研磨業者の生産量が減少しており、原石市場は非常に静か。
インドの10月の研磨石輸出は−17%。
◆11/18付のRapNet Diamond Index(D-H、IF-VS2、前月比)はベストプライス・平均価格ともに下落率に落ち着き感が見られ、ポインターは上昇傾向に。
ベストプライスは3.0ctが-2.0%、1.0ctと2.0ctが-0.7%、0.7ctが±0.0%。
また、0.3ctが+1.8%、0.5ctが+1.7%、1.5ctが+0.9%とやや上昇。
平均価格は、2.0ctが-1.5%、1.5ctが1.4%、3.0ctが-1.3%、1.0ctが-0.9%、0.7ctが-0.1%と先週比で下落率が落ち着く。
先週、プラス転換した0.5ctと0.3ctは+1.2%と上昇率がアップした。
◆De Beersと鑑定機関がダイヤモンドの処理について議論/2016年第2回地中海会議にて
第2回地中海ジェム&ジュエリー会議が2016年5月7-9日にスペインのバレンシアにて開催予定。
ダイヤモンドの処理についての講義や天然・合成ダイヤの識別、グレーディングについてのワークショップが行われる。
◆カナダの鉱山会社Lucara Diamond Corporationが、史上2番目に大きい1,111ctの宝石品質Type Uaのダイヤモンド原石をボツワナ中部のカロウェ鉱山で発見。
Rapaport® Diamonds.Net「Market Comments 11/19/2015」等より一部抜粋
提供:潟lットジャパン http://www.net-japan.co.jp/market/2015/11/post-127.php
2015/11/19
香港市場低迷、インドでは原石需要激減、取引が停滞

【11月17日】
◆インドではDiwali以降も研磨工場の休業が継続、生産量減少に伴い原石需要が低迷、取引が停滞している。
研磨業者はDe Beersサイトでの原石購入を延期、サイトでの販売額は前例のない$70Mに落ち込んだ。
米国のホリデーシーズンを前に売れ筋商材の供給不足が加速しており、販売減少を招いている。
香港市場低迷、周大福の半期利益は-50%と激減。
◆11/11付のRapNet Diamond Index(D-H、IF-VS2、前月比)はベストプライス・平均価格ともまちまち。
ベストプライスは0.5ctが+0.3%、0.3ctが±0.0%と改善の兆しが見られる。
最も高い下落率は2.0ctの-1.1%と先週よりも低い値。
平均価格も先週比で下落率が改善。
2.0ctが-3.0%、1.5ctが2.9%、1.0ctが-2.5%と1.0ct以上の大粒石はポインターに比べると下落率が高めだが、0.5ct、0.3ctはそれぞれ+0.2%、+0.1%とプラスに転じた。
◆香港の資産家、Joseph Lau氏がオークションでの最高値でダイヤ落札
同氏はSotherby's Geneveオークションで、12.03ctのブルーダイヤモンドを4,860万スイス・フラン(約59億5千万円)で落札。その前日にも、Christie's Geneveオークションで、16.08ctピンクダイヤを2,870万スイス・フラン(約35億1千万円)で落札した。
2つのダイヤは7歳の娘であるJosephineさんのために購入されたとの事。
彼は昨年にも13歳の娘であるZoeさんのために、Sotherby's New Yorkオークションで9.75ctのブルーダイヤをUS3,260万ドルで、香港で開催されたChristie'sオークションではルビーを6,500万香港ドルで、それぞれ購入している。
Rapaport® Diamonds.Net「Market Comments 11/12/2015」、Bloomberg等より一部抜粋
http://www.net-japan.co.jp/market/2015/11/post-126.php
< 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 >

- W&J WEBSITE -