ダイヤモンド市況概況

2016/04/26
研磨石価格軟化、大粒石需要鈍化が懸念される

【4月26日】
◆香港での取引は3月の香港ショー以来、弾みがついており安定している。
研磨石価格の軟化と大粒石の需要鈍化が懸念されている。
0.30‐1 ct.、D-J、VS-SI、3EXに安定した需要が見られる。
宝飾品チェーン小売大手の1月‐3月の販売鈍化が報告される中、消費者は引き続き宝飾品の購入に慎重な様子。
宝飾業者は5月1日のゴールデンウィーク中、中国での販売促進を期待している。
香港では観光客の減少に伴い宝飾品販売が低迷している。
◆インドでの取引はスロー、4〜5月にかけて市場鈍化が予想される。
宝飾業者のストライキに起因する弱い国内需要は、ダイヤモンド産業のキャッシュフローに影響を及ぼしている。
小売業者は、今週の国会再開時にジュエリーへの1%の物品税に対し更なる抗議活動を検討している。
GIA-dossierと1 ct.、G-J、VS-SIの需要が堅調。
研磨業者の生産量は安定している。
◆4月20日付のRapNet Diamond Indexは大粒石の下落が鮮明。
ベストプライスは、3.0ctが-3.3%となり下落率が高い。
他は、0.3ctが-1.1%、0.5ctと1.0ctが-0.7%下落、1.5ctが±0.0%となり、他は微増。
平均価格も3.0ct以上の大粒石の下落率が-1.5%とやや高く、0.3ctが-0.4%となった。
2.0ctが+2.9%となった他は微増。
◆De Beers、ALROSA共に第1四半期の生産量を削減。
De Beersは市場の状況に対応して、第1四半期の生産量を690万カラットと10%削減した。
また、ALROSAは蓄積された在庫を減らすため、820万カラットと2.3%削減した。
一方、重量ベースでの売上は1,210万カラットとなり34%増加、金額ベースでは推定16%増加し13億ドル(前年同期は11億ドル)になった模様。
Rapaport®Diamonds.Net「Market Comments 4/21/2016」等より一部抜粋
http://www.net-japan.co.jp/market/2016/04/post-145.php
2016/04/12
香港では市場心理が改善、

インドでは在庫量増加に伴いバイヤーが強気の価格交渉

【4月12日】
◆香港では市場心理が改善しており、ディーラーは昨年よりも2016年が良くなることを期待している。
イースター休暇でのGIA dossierや1 ct, D-J, VS-SI、RapSpec A2 のダイヤモンド需要が安定しており、研磨石の取引は上向いている。
3ctと、より大きなダイヤモンド需要は弱い。
宝飾業者は5月1日のメーデーに伴うゴールデンウイークに向け準備を進めているが、在庫管理には注意を払っている模様。
中国の需要は安定しているが、消費者は香港ではなく日本や韓国、欧州で高級品を購入している。
◆インドでは、3月の取引結果が良好とのディーラーからの報告後、取引が鈍化している。
研磨石の在庫量増加に伴い、バイヤーはより高い割引価格を提示している。
研磨石の生産は第1四半期に推定20%増加後、安定している。
米国及び東アジアで1 ct, G-J, VS-SIの商品需要が堅調。
宝飾業者は、1%の増税に対して引続きストライキを実施しており、インドの国内需要は停滞気味。
金の購入が一般的なGudi Padwa祭(4/8)を前にストライキの勢いは弱まった模様。
先週のDe Beers サイト(4/4-8開催)の期間中も原石取引は安定。
◆4月6日付のRapNet Diamond Indexは下落。
平均価格はすべてのサイズで下落。
3.0ctが-3.4%、2.0ctが-2.0%と大粒石の下落率が高い。
ポインターは0.3ctが-1.8%と下落率がやや高く、他は微減。
一方、ベストプライスはまちまち。
2.0ctが+1.7%、1.5ctが+1.2%となり、他の価格変動はわずか。
◆Sotheby'sオークション(香港)で"De Beers Millennium Jewel 4"が3,180万ドルで落札。
アジアでの宝飾品オークションで最高額を記録。
10.10ct / Fancy Vivid Blue / IF / オーバルシェープのダイヤは、2013年10月に行われたSotheby's Hong Kongでのアジア最高額($3,060万ドル:118.28ct D-FL オーバル)の記録を塗り替えた。
来月Genevaで行われるオークションで、Sotheby'sでは15.38ctの"Supremely rare" Pinkダイヤが、またChristie'sでは14.62ctの"Oppenheimer Blue"が出品されるなど、ファンシーカラーダイヤに注目が集まっている。
Rapaport® Diamonds.Net「Market Comments 4/7/2016」等より一部抜粋
提供:潟lットジャパン http://www.net-japan.co.jp/market/2016/04/post-144.php
2016/04/05
宝飾品小売、香港より中国が好調、

インドでは宝飾業者のストライキが続く

【4月5日】
◆香港市場は長いイースター休暇に伴いスローだが、市場心理は改善している。
バイヤーは受注した特定商品を探しており、宝飾業者は過剰在庫を作らないよう注意を払っている模様。
需要は、より小さく手頃な価格のダイヤモンドにシフトしている。
宝飾業者は5月1日のメーデーに伴うゴールデン・ウイークへの準備を進めており、宝飾品小売は香港よりも中国が好調。
◆インドでは、宝飾業者のストライキが続いており、内需低迷に伴い市場は静か。
政府が提出した1%の物品税の妥協案に、宝飾業者は不満足な様子。
米国需要は安定しているが、東アジアと欧州はスロー。
0.30-0.70 ct、G-H, VS-SIのGIA dossier需要が堅調。
3EX価格が上昇したため、VGの需要が高まっている。
新しい石へのディーラー需要が高まり、研磨業者の製造レベルが安定している。
サイトホルダーは4月のDe Beersサイト(4/4 -8開催)での原石価格の安定と、供給量の制限を期待している。
◆3月30日付のRapNet Diamond Indexは下落傾向。
平均価格は3.0ctは+0.2%を除き、すべてのサイズで下落。
0.3ctが-2.8%、0.5ctが-2.0%、2.0ctが-1.7%となり、他は微減。
ベストプライスはすべてのサイズで+0.1%〜+0.8%の微増。
◆ALROSAが2016年の生産目標を下方修正。
ALROSAは、昨年からの累積在庫を減らす為、2016年の原石生産量目標数値を3,900万ctから3,700万ctへ下げると発表。
雇用や生産性への影響はないとしている。
同社は2015年の生産高が3,826万ctと6%上昇したものの、販売量が3,000万ctと24%減少した。
2015年末の在庫は2,200万ct以上(25億ドル)との事。
Rapaport® Diamonds.Net「Market Comments 3/31/2016」等より一部抜粋
提供:潟lットジャパン http://www.net-japan.co.jp/market/2016/04/post-143.php
2016/03/30
アントワープ厳戒態勢、インドの原石市場は停滞気味

【3月29日】
◆ベルギー・アントワープは、ブリュッセルでのテロを受け厳戒態勢。
◆香港市場は、3月の香港ショー後安定しており市場心理が改善している。
GIA dossier付商品と1ct、D-H、VS-SIの需要が堅調。
観光客のジュエリー購買額減少に伴い小売販売が低迷。
◆ムンバイでの取引は、特定アイテムの需要が安定しておりディーラーは楽観視している。
研磨業者の生産量増加に伴い、研磨石の在庫量が増加。
1ctの商品及び0.30-0.99ct、G-H、VS-SI需要が堅調。
ディーラーは欧州での需要が鈍化する中、米国及び東アジアの限られた需要に着目している。
宝飾業者は1%の物品税導入に対する19日間のストライキを終了、政府は導入に関して緩和する方向で検討している模様。
3月のALROSAによる原石販売後、ロシアの原石が数%乗せ、60〜90日の掛売で取引されており原石市場は停滞気味。
◆3月23日付のRapNet Diamond Indexは下落傾向。
平均価格は1.0ctの+0.3%を除き全てのサイズでわずかに下落。
一方ベストプライスは、0.7ctが-0.7%、1.5ctが-0.2%の微減となり、他は微増。
◆周生生の2015年の売上高が1%下落。
宝飾小売大手の周生生は、2015年の売上高が21.6億ドルとなり1%下落したと発表した。
香港、マカオでの売上高は10%下落、グループの売上高は24.6億ドルに低下した。
2015年は中国株の大暴落等により中国経済が減速し人民元が弱くなったため、香港での観光客の支出が抑制された。
一方中国本土では、宝石類の小売売上高は11%上昇し善戦したとの事。
◆米国の消費者物価指数、ジュエリー価格は+3%、腕時計+9%
米国労働統計局によると、米国の消費者物価指数(CPI)はジュエリーが前月比2.9%上昇、前年同期比では6.2%の上昇となった。
COMEX(ニューヨーク商品取引所)の金価格が9%上昇した事が寄与したとみられる。
腕時計は前月比8.9%上昇し、前年同期比では8.5%の上昇となった。
Rapaport® Diamonds.Net「Market Comments 3/24/2016」等より一部抜粋
提供:潟lットジャパン http://www.net-japan.co.jp/market/2016/03/post-142.php
2016/03/23
原石取引が鈍化傾向、新たな税制導入によりインド国内市場混迷

【3月22日】
◆バーゼルショー開幕(3/17-24)、大粒ダイヤ需要不透明。
最高品質の大粒ダイヤは供給不足、低品質ダイヤ需要低迷。
原石の競売価格は非常に高いが、研磨ダイヤ増産に伴い取引は鈍化傾向。
◆香港では市場心理が改善、取引は安定している。
香港市場は3月の香港ショーにより勢いが増している。
0.30-1ct.、G-J、VS-SIに安定した需要が見られる。
香港を拠点とする宝飾業者の需要は改善しているが、小売市場への警戒心は未だ払拭されない状況。
中国本土からの需要は選択的で受注品の仕入に限定されている。
◆インドでの研磨石取引は、香港ショー後鈍化。
サプライヤーは販売困難な低品質ダイヤ在庫を大量に抱えている模様。
1%の増税や、新たな税制導入に対する宝飾業者のストライキによりインド国内市場は混迷。
研磨業者は3月17日の1日ストライキにおいて宝飾業者を支援。
研磨業者の生産量増加に伴い、在庫量がやや高まっている。
◆3月16日付のRapNet Diamond Indexは下落傾向。
平均価格は全てのサイズで下落。
2.0ctが-3.2%、0.3ctが-2.1%、3.0ctが-2.0%と特に高めで、他は微減。
一方ベストプライスは、0.7ctが-1.0%と微減。
0.3ctが+2.8%と高いが、他は微増に留まっている。
◆ALROSA、2015年の決算はルーブル安により8%の増収
ALROSAは2015年の収益が前年比8.4%増の32.8億ドルとなったと発表。
同年、ルーブルはドルに対して25%下落したためとしている。
◆Tiffany & Co.の2015年の売上高はドル高を背景に3%減少
Tiffany & Co.の2015年の売上高はドル高により41億ドルと3%の減少となったと発表。
中国とオーストラリアを含むアジア太平洋地区、日本、ヨーロッパでの売上は好調だが、香港は継続的に弱いとの事。
Rapaport® Diamonds.Net「Market Comments 3/17/2016」等より一部抜粋
提供:潟lットジャパン http://www.net-japan.co.jp/market/2016/03/post-141.php
2016/03/15
研磨業者の利益率改善、中国需要低迷により危機感増幅

【3月15日】
◆香港ショーは、期待度の低かったダイヤ・ディーラーの予想を超えたものの、中国の消費者需要を反映しジュエリー部門が低迷、危機感を増幅させている。
研磨業者の利益率は、原石価格下落により改善されているが、原価の高い既存在庫は販売が困難な状況。
◆米国での取引は比較的スロー。
サプライヤーが価格維持を試みる一方、バイヤーは不足分補填のため商品を探している状況。
バイヤーはより安価なSI2-I1など低品質商品に移行している。
◆ムンバイ市場は鈍化。
インドの宝飾業者は、最近、政府予算に組み込まれた国内取引時に賦課される1%の税に対し抗議している。
0.30-1.99ct., G-J, VS-SI需要が堅調、3ctは軟調。
◆3月9日付のRapNet Diamond Indexはやや下落傾向。
平均価格は全てのサイズで下落、0.3ctが-2.1%とやや高めで他は微減。
ベストプライスは、3.0ctが-1.5%、0.7ctが-0.5%となった。
0.5ctが+1.6%の上昇となり、他は微増。
◆10.10ctの希少ブルーダイヤ、香港で競売へ
競売大手Sotheby'sは、10.10ct、オーバルのブルーダイヤモンド(Fancy Vivid Blue/IF)が4月5日の香港オークションに出品されると発表。
アジアで競売にかけられた宝石類としては最高額となる3,000万〜3,500万ドル(約34億円〜40億円)の落札価格が見込まれるという。
「De Beers Millennium Jewel4」と名付けられたこのブルーダイヤは、南アフリカのカリナン鉱山で採掘され、2000年に英ロンドンのミレニアム・ドームで展示されていた12個のダイヤのうちの一つ。
Rapaport® Diamonds.Net「Market Comments 3/10/2016」、AFP等より一部抜粋
提供:潟lットジャパン http://www.net-japan.co.jp/market/2016/03/post-140.php
2016/03/08
香港ショーでの取引は期待以上、東アジア需要は未だ不透明

【3月8日】
◆3/7香港ショー閉幕。
取引は期待を上回り、ディーラー需要が改善。
東アジアのジュエリー需要は未だ不透明。
香港ショーでは大量の商品が出展されたが、良質なRapSpec A2ダイヤモンドは品薄状態。
2015年、香港の研磨ダイヤモンドの輸入は175億ドルで11%減少、輸出は133億ドルで3%減少した。
◆インド市場は、多くのディーラーが香港ショーに参加したため静か。
1-2ct.、D-H、VS-SI、RapSpec A2の需要が堅調、アイ・クリーンのトップ・クオリティが品薄状態。
良質のRapSpec A2 (3X, none)の商品不足によりGIA Dossier需要が安定している。
研磨業者の生産量は増加傾向だが、De Beersの原石供給の制限や研磨ダイヤモンド需要の不透明感から増産に慎重な様子。
De Beers の原石供給不足に伴い、De Beers サイトやALROSAの販売期間中も原石需要は堅調。
◆米国市場での価格は底堅く需要は安定している。
ディーラーは、香港ショーでのダイヤ価格動向に注視している。
1-2ct.、G-J、VS-SI需要が堅調、RapSpec A2の良質商品は品薄状態。
小売市場はブライダルでの販売が安定しており良好。
◆ベルギーでは2月の米国向け販売が好調、市場心理が改善している。
0.30-2ct.、D-H、VS-SI、RapSpec A2ダイヤモンドの需要が良好だが、3ctは弱含み。
供給量の少ないDe Beersの原石は需要が高くプレミアムが付くなど、流通市場での原石取引は安定している。
◆De Beers の原石販売額は1月の5.45億ドルに対し2月は6.1億ドルに増加。
ALROSAの1月/2月の販売額は7.8億ドル。
◆2016/3/2付のRapNet Diamond Index(D-H、IF-VS2、前月比)は弱め。
ベストプライスは、0.3ctが+1.6%とやや高く、2.0ct、1.0ct、0.5ctが微増。
3.0ctが-1.7%、1.5ctが-1.3%とやや低く、0.7ctは横ばい。
一方、平均価格は全ての価格帯が下落。
0.3ctが-1.7%と下落率がやや高く、他はわずかに下落。
Rapaport® Diamonds.Net「Market Comments 3/3/2016」等より一部抜粋
提供:潟lットジャパン http://www.net-japan.co.jp/market/2016/03/post-139.php
2016/03/01
香港ショーへの期待高まる

研磨量増加に伴い原石はプレミアム価格

【3月1日】
◆香港では、3/1開幕の香港ショーへの期待が高まっている。
ディーラーは中国の旧正月期間中、休止状態であった香港市場での取引再開を待ち望んでいる。
バイヤーは香港ショーでの高い割引を期待して買い控えているため、研磨石の取引はスロー。
◆インド市場は安定している。
ディーラーは小売販売の繁忙期である中国の旧正月に続き、中国需要が改善されることを期待している。
米国需要は引続き堅調。
対ドルでのインド・ルピーの下落が続いており、国内需要への警戒感が高まっている。
0.30-0.50ct.、D-H、VS2-SI、3EX及び1ct.、D、VS-SI、3EXの商品需要が高い。
研磨業者の生産量増加に伴い原石需要が底堅く、流通市場では一桁台半ばのプレミアムが付いている。
◆2016/2/24付のRapNet Diamond Index(D-H、IF-VS2、前月比)は高安まちまち。
ベストプライスは、0.5ctが+1.8%、0.3ctが+1.2%、2.0ctが+0.6%、1.0ctが+0.5%と微増、1.5ctと3.0ct、0.7ctは微減。
平均価格は3.0ctが-2.3%と下落率が高い。
0.5ct、0.3ctのみがわずかに上昇、他は微減。
Rapaport® Diamonds.Net「Market Comments 2/25/2016」等より一部抜粋

提供:潟lットジャパン http://www.net-japan.co.jp/market/2016/03/post-138.php
2016/02/23
原石価格急騰、増産により大量の研磨石が市場に流入

【2月23日】
◆流通市場でのダイヤモンド原石の価格が急上昇しており危機的で維持できない状況。
現在の研磨石の価格水準は、2015年の半期に原石の供給が42%減少したことによる品不足を反映している。
全体的な需要が弱い状況下、研磨業者は通常の生産体制に移行しており大量の研磨石が市場に投入される模様。
De Beersは2015年通年の売上高が34%減少の47億ドル、利払い・税引き前利益(EBIT)が58%減の5億7,100万ドルと発表。
原石の売上高は、36%減少し41億ドル、半期の売上高は53%減少し14億ドルとなった。
ALROSA の2015年の原石売上高は、推定30%減少し34億ドル、半期では26%減少し16億ドル。
◆香港市場は静か、ディーラーは旧正月の休暇から戻りつつある。
中国人バイヤーは香港ショー(3/1-7開催)に期待しているが、中国経済の減速や株式市場の低迷などから需要は不透明。
◆インド市場は、中国の旧正月で中国人バイヤーが休暇をとっており比較的スロー。
ディーラーは香港ショーの準備に入っており、今後数週間以内に取引改善が期待されている。
米国及び中東の需要は堅調。
0.30-0.50ct.及び1-1.50ct、G-J、VS-SI需要が底堅い。
最終需要が不透明の中、研磨業者は生産量を増大させている。
原石の取引は堅調、ディーラーによるとDe Beersの原石はALROSAのものより良質とのこと。
◆2016/2/17付のRapNet Diamond Index(D-H、IF-VS2、前月比)は高安まちまちで、落ち着いた感じ。
ベストプライスは、0.5ctが+2.6%と高い他は、0.3ct、0.7ct、1.0ct、2.0ctが微増、3.0ctと1.5ctがやや下落。
平均価格はサイズにより微増と微減に分かれ、0.5ct、0.3ct、2.0ctがやや上昇、他は微減。
◆周大福の旧正月期間中の売上、昨年比29%減
周大福は中国旧正月期間中(1月25日〜2月14日)の売上は昨年の旧正月前の14日間と最初の7日間(2015年2月5日〜2月25日)と比べ、29%の減少となったと発表。
既存店売上高は中国本土が31%減少、香港マカオが22%減少した。
中国本土から国内・香港マカオ以外への旅行費用や、景気減速・株式市場の変化で消費者心理が冷え込んだことも一因。
Rapaport® Diamonds.Net「Market Comments 2/18/2016」、REUTERS、周大福IR情報、香港ポスト等より一部抜粋
提供:潟lットジャパン http://www.net-japan.co.jp/market/2016/02/post-137.php
2016/02/09
米国、イスラエルの需要が堅調、研磨石増産による供給超過懸念

【2月9日】
◆米国の宝飾業者はホリデーシーズンに向け在庫を補充しており、研磨石市場は改善している。
1月には推定10億ドルの原石が市場に投入され、研磨業者の生産量が増加している。
新たな研磨石の供給が需要を超えることが懸念されている。
品不足が価格を支えており、1月の1ct. RAPIは+0.9と上昇。
◆香港市場は春節のためほとんどの企業が休業しており静か。
中国本土から香港への観光客は、前年より減少すると予想されている。
買物客は香港から日本や、韓国にシフトしている模様。
◆インドでは、香港・中国のバイヤーが休暇に入っており、研磨石の取引がやや鈍化している。
国内需要はルピー安が市場心理を圧迫しており慎重。
インドがNielsenの消費者信頼度世界ランキングでトップ。
米国及びイスラエルの需要が堅調。
0.30-2ct.、D-J、VS-SI、RapSpec A2 (3X, none) に安定した需要があるが、一部、価格帯が低い3VGに移行している。
原石価格値下げによりスーラトの工場は生産量を増加させている。
◆2016/2/3付のRapNet Diamond Index(D-H、IF-VS2、前月比)
平均価格は全てのサイズで上昇。
特に0.3ctが+7.1%、0.5ctが+4.0%とここ数週間の中でもかなり高い上昇率となった。
ベストプライスは3.0ctが-1.3%となったのを除き、全てのレンジで上昇。
0.5ctが+4.3%、0.3ctが+3.2%と上昇率が高い。
他は1%台の増加にとどまる。
Rapaport® Diamonds.Net「Market Comments 2/4/2016」等より一部抜粋
提供:潟lットジャパン http://www.net-japan.co.jp/market/2016/02/post-136.php
< 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 >

- W&J WEBSITE -