ダイヤモンド市況概況

2016/07/19
研磨業者の在庫量増加により資金繰り悪化、大幅な割引率で研磨石販売

【7月19日】
◆香港での研磨石取引は、中国全土での宝飾品需要低下により鈍化。
大手小売店は10年に及ぶ拡大路線に終止符を打ち、店舗統合に着手している。
金価格上昇により投資需要が増加しており、宝飾業者は金製品に着目している。
高額品の需要が鈍化する中、ブライダルにおける販売がダイヤモンドの需要を支えている。
◆インドではディーラーが余分な研磨石の供給を回避しており、研磨業者の在庫量が増加している。
ここ半年間で原石買いを推し進めた影響で資金繰りが悪化している。
ある研磨石サプライヤーは、取引量を増やしキャッシュフローを改善するため、大幅な割引率で販売している。
米国市場は休暇期間のため静か。
インドの国内需要は低迷、中国は安定しているが、香港はスロー。
研磨業者の生産量は安定しているが、De Beers の6月サイトから原石需要は減少。
◆7月13日付RapNet Diamond Index(D-H、IF-VS2、前月比)は全てのサイズで下落。
ベストプライスは3.0ctが-2.4%、0.3ctが-1.2%、他は微減。
平均価格は3.0ctが-4.2%、2.0ctが-3.4%、1.0ctが-2.1%、1.5ctが-1.7と大粒石の下落率が高い。
他は、0.3ctが-1.6%、0.7ctが-1.5%、0.5ctが-1.0%。
◆6月のベルギーでのダイヤモンド取引は不振
6月のベルギーにおけるダイヤモンド取引は輸出入、原石・研磨石共に低迷し、前2か月の好調な結果とは対照的。
研磨石の輸出金額は17%減少し11.5億ドル、重量は9.9%減少し502,314ct(平均価格は8.3%減少しUSD2,280/ct)
研磨石の輸入は12%減少し12.2億ドル。
原石の輸入は11%減少し9億4,530万ドル、輸出は16%減少し9億5,980万ドルとなった。
Rapaport®Diamonds.Net「Market Comments 7/14/2016」等より一部抜粋
提供:潟lットジャパン http://www.net-japan.co.jp/market/2016/07/post-150.php
2016/07/13
夏期休暇に伴いダイヤ市場は静か、

人民元安に中国人バイヤー警戒

【7月12日】
◆米国のディーラーは夏期休暇に入っておりダイヤ市場は静か。
6月の研磨石価格軟化、RapNet Diamond Index 1ct. -0.5%、0.30ct. -1.6%、0.50ct. -0.4%、3ct. -2.4%。
人民元は対米ドルで5年ぶりの元安(6.69/$1)となり、宝飾品の輸入及び観光客の支出に影響を及ぼしている。
◆香港市場は観光客の減少及び消費者心理の悪化に伴い厳しい状況。
中国は香港よりも良好だが、中国人バイヤーは人民元安に警戒している。
消費者や投資家の為替変動リスク回避のため金需要が高まっている。
小売業者は資金繰り改善のため在庫処分を進めており、新たな仕入を控えている。
◆インドの市場心理は香港ショー以来悪化。
夏期のためムンバイの外国人バイヤーはまばらで取引はスロー。
IIJS Mumbai ショー(8/4-8)への期待度は低く、インド国内需要は慎重。
バイヤーが高い割引率を提示する中、サプライヤーは販売可能な価格で妥協し販売している模様。
研磨業者の6月の原石仕入はやや減少したものの、製造量は安定。
宝飾業者は、英国のEU離脱後の金価格反騰による販売不振やコスト上昇を懸念している。
◆7月6日付のRapNet Diamond Index(D-H、IF-VS2、前月比)は全てのサイズで下落し、下げ幅も大きくなっている。
ベストプライスは3.0ctが-2.4%、1.5ctが-1.8%、2.0ctが-1.1%、1.0ctと0.5ctが-1.0%、0.3ctが-0.7%、0.7ctが-0.3%。
平均価格は3.0ctが-3.4%、2.0ctが-2.3%と大粒石の下落率が際立って高くなっている。
他は1.0ctが-1.8%、1.5ctが-1.3%、0.3ctが-1.1%、0.7ctが-0.9%、0.5ctが-0.7%。
◆5月の米国の研磨済みダイヤモンド輸入額が2.3%上昇。
最新の政府統計によると、5月の米国の研磨済みダイヤモンド輸入額が昨年比2.3%上昇し、30.9億ドルとなった。
5月は毎年6月に開催されるLas Vegasショーの影響で輸入量が多くなる傾向にある 。
重量ベースでは1.3%増の140万ct、平均ガイ価格は2,263ドル/ctとなった。
Rapaport®Diamonds.Net「Market Comments 7/7/2016」等より一部抜粋
提供:潟lットジャパン http://www.net-japan.co.jp/market/2016/07/post-149.php

2016/06/28
香港ショー閉幕、研磨石需要低迷

【6月28日】
◆香港ショー(6/23-26)閉幕、研磨石市場は慎重。
中国本土からのバイヤーは仕入に慎重。
香港の小売店は客足が遠のき売上高の大幅減少に耐えている状況。
1ct、G-J、VS-SI、RapSpecA2ダイヤモンドに安定した需要が見られ、0.30-0.40ctは比較的弱い。
◆インド国内需要低迷、市場では外国人バイヤーもわずかで研磨石の取引はスロー。
中国需要が不透明な状況下、サプライヤー及びバイヤーは香港ショー訪問。
0.50-0.80ct、G-J、SI-I2及び1ct、G-J、SI-I2などGIA dossier需要が堅調。
研磨石の需要低迷を反映し原石市場が振るわない状況下、De Beersの原石は1桁台半ばのプレミアム付で販売されており、De Beersサイトでの価格は安定している。
研磨業者は70%ほどの稼働率で操業中。
◆6月22日付のRapNet Diamond Index(D-H、IF-VS2、前月比)はベストプライス下落、平均価格上昇。
ベストプライスは全サイズで下落。
3.0ctが-2.1%、0.3ctが-1.6%と下落率がやや高く、他は微減。
平均価格は2.0ctが2.4%、3.0ctが1.6%、1.5ctが1.3%と上昇し、他は微増。
0.3ctが-1.2%、0.5ctが-0.3%とわずかに下落した。
◆六福集団の決算で売上高、利益共に急落。
中国・香港などの宝飾小売チェーン六福珠寶グループの売上高が12%減の18.1億米ドル、利益は41%減の1億2,390万米ドルとなった。
香港での売上高は14%減の10.6億米ドルとなり、中国経済の低迷と観光客減少の影響を受けた。
Rapaport®Diamonds.Net「Market Comments 6/23/2016」等より一部抜粋
提供:潟lットジャパン http://www.net-japan.co.jp/market/2016/06/post-147.php
2016/06/21
2ct up Rapaラウンド価格下落、中国需要鈍化傾向

【6月21日】
◆Rapaport Price Lists、ラウンド価格下落。
6/17付ラウンド価格が2ct upハイグレード中心に下落。
2.00-2.99:D-G/IF、3.00-3.99:D-H/IF-VVS中心、J-M/IF-VS2の一部。
4.00-4.99:D-H/IF-VVS、5.00-10.99:D/IF。
◆今週開催される香港ショーへの期待度は低い。
中国人バイヤーの香港ショー訪問は、仕入よりも市場動向の見極めが目的。
中国では顧客を呼びこむためにジュエリーの値引販売をしており需要は鈍化傾向。
ディーラーの取引は安定しているが、利幅減少への警戒感を払拭できない状況。
受注した特定商品にのみ需要があり、在庫構築のための仕入は控えている模様。
◆インド市場はスロー。
Las Vegas ショーはやや活気に欠けたが、米国での需要は安定している。
大手研磨業者は大手宝飾品販売チェーンからの需要に満足している。
需要低迷の中、研磨業者は一定の生産量を保持しており研磨石の在庫量が増加傾向。
6月のDe Beersサイト(6/20-24開催)で原石供給の減少が予想される中、取引は安定している。
◆6月15日付のRapNet Diamond Index(D-H、IF-VS2、前月比)は弱気モードが継続。
ベストプライスは、0.3ctが-1.8%、2.0ctが-1.5%と下落。
1.0ctのみ+0.3%で他は微減。
平均価格は全サイズで下落。
0.3ctが-1.5%、2.0ctが-1.1%、0.5ctが-1.0%。他は微減。
◆ALROSAがロシアで最大級の241.21ctのダイヤモンド原石を発見。
ALROSAはYakutia(ヤクート)のNyurbinsky鉱山にて241.21ctのロシアで最大級の原石が発見されたと発表。
サイズは38.64mmx27.34mmx25.46mmで、灰色がかった半透明色、黒鉛と硫化物の内包物が含まれているという。
先月もYakutiaで207.29ctの原石発見のニュースが報じられた。
Rapaport®Diamonds.Net「Market Comments 6/16/2016」等より一部抜粋
提供:潟lットジャパン http://www.net-japan.co.jp/market/2016/06/2ct-uprapa.php

2016/06/14
香港での小売環境悪化、周大福2016年度決算46%減益
【6月14日】
◆香港でのダイヤモンド取引は静か
サプライヤーは、香港ショー(6/23-26)の準備を進めている。
宝飾業者は香港への観光客減少に伴う小売環境悪化に注視している状況。 
中国での宝飾品販売は安定している。
周大福は、個々に最適化された購買体験を求める消費者増加に着目している。
◆インド・ムンバイでは外国人バイヤーが商品を探しており、夏期休暇後通常の取引に戻っている。
米国需要は安定しているが、ディーラーは消費者心理について懸念している。
小粒ダイヤ需要は弱いものの、GIA dossier需要は堅調。
5月のDe Beers、ALROSAの原石供給量過多の影響か、原石取引は静か。
夏期休暇後も研磨石の生産量は一定レベルを維持しており、来月にかけて在庫量増加が予想される。
◆6月8日付のRapNet Diamond Index(D-H、IF-VS2、前月比)は引続き弱気モード。
ベストプライスは、0.3ctが-1.6%、2.0ctが-1.2%、1.5ctが-1.1%の下落。他は微減微増。
平均価格は0.7ctと1.0ctが横ばい、3.0ctのみ+0.2%の微増となり他は全サイズで下落。
◆周大福決算、2016年度利益が46%下落。
宝飾チェーン最大手の周大福が決算を発表。
香港への観光客減少と中国本土の個人消費の冷え込みから、2016年度(2015年4月〜2016年3月)の利益が46%下落し3億8,360億USドル、売上高も12%下落し73億USドルとなったと発表。
中国本土での売上が11%の下落、香港マカオ地区では15%下落した。
Rapaport®Diamonds.Net「Market Comments 6/9/2016」等より一部抜粋
提供:潟lットジャパン http://www.net-japan.co.jp/market/2016/06/201646.php
2016/06/08
ダイヤ価格下落傾向鮮明、

全サイズでRapNetダイヤ指数下落

【6月7日】
◆香港での取引は安定している。
ディーラーはJCK Las Vegas showでのトレンドと価格動向に着目している。
中国本土からの観光客が減少し、ジュエリーの小売売上高に影響を及ぼしている。
0.30-1.99ct、F-H、VS-SI、RapSpec A2ダイヤモンドの需要が堅調。
中国本土のダイヤモンド取引は香港よりも良好。
◆インドでは夏期休暇が続いており取引が停滞。
ディーラーは安定した米国需要により、世界的なダイヤモンド取引が活性化することを期待している。
タイトな資金繰りに加え債務不履行の噂が広まっており市場心理は弱い。
中小研磨業者の原石需要は安定しており、研磨石の生産量は一定を保持している。
5月に原石が多量に供給されたため、研磨石の供給過剰が懸念されている。
◆6月1日付のRapNet Diamond Index(D-H、IF-VS2、前月比)は全てのレンジで下落となり、弱気モード。
ベストプライスは、2.0ctが-2.4%、0.3ctが-2.2%、3.0ctが-1.4%とやや下落率が高く、他は僅かに下落。
平均価格も0.3ctと0.5ctが-1.2%、2.0ctが-0.7%となるなど全サイズで下落した。
◆世界最大のFancy Vivid Green ダイヤモンド"The Aurora Green"を周大福が落札、US$1,680万の世界記録。
5/30に香港で行われたChristy'sのオークションで、5.03ct Fancy Vivid Green VS2 Rectangular-cutをHK$130,040,000(US$16,818,981)で周大福が落札。
Green Diamondとしては史上最高額(US$334万/ct)を更新した。
Rapaport®Diamonds.Net「Market Comments 6/2/2016」等より一部抜粋
提供:潟lットジャパン http://www.net-japan.co.jp/market/2016/06/rapnet-1.php
2016/05/31
原石供給過剰により価格の下落懸念が増大

5月 De Beersサイト6.3億ドル

【5月31日】
◆香港市場は中国需要低迷によりスロー。
5月のゴールデンウィークや母の日の小売販売は振るわなかった模様。
宝飾業者はコスト削減を進めている。
3-5ctの需要が低迷する中、1-1.30ctの動きは良好。
中国本土ではペアとハートシェイプが他のファンシーカットよりも需要が高い。
Hong Kong Jewellery & Gem Fair (6/23-26) は比較的小規模ながら地元出展者の誘致に力を入れている。
◆インドでは、多くの研磨業者が学校の休暇や減産などにより休業しており市場はスロー。
季節的な停滞は6月中旬まで続くと予想される。
東アジア、中東の需要は弱い。
De Beers サイト(5/16-20開催)での販売額は6.3億ドルとなり、原石の供給過剰により市場に商品が溢れ、研磨石の価格が下落するとの懸念が高まっている。
◆5月25日付のRapNet Diamond Index(D-H、IF-VS2、前月比)はやや下落。
ベストプライスは、2.0ctが-1.8%、0.3ctが-1.4%、3.0ctが-0.9%。
他、1.5ctが-0.2%の微減、1.0ctと0.7ctが横這い、0.5ctのみ+0.9%と微増。
平均価格も下落傾向が続き、3.0ctが-1.5%、0.3ctが-1.0%、0.5ctが-0.7%、1.5ctが-0.6%、1.0ctが-0.3%となり、2.0ctと0.7ctは横這い。
◆ALROSA Zarnitsa鉱山で最大の原石を発見。
ALROSAはYakutiaのZarnitsa鉱山で207.29ctの原石を発見したと発表。
この宝石品質の原石は38×37×18mmの大きさで、Zarnitsa鉱山が露天掘りの採掘を開始した1999年以来最大。
◆香港小売大手TSL(謝瑞麟)決算、利益が40%下落。
香港を拠点とするTSL (Tse Sui Luen)は2月末決算において、売上高8.6%ダウンの4億5,560万ドル、利益額40%下落の310万ドルと発表。
香港マカオ地区の売上は24%ダウンの2億1,830万ドル、中国本土での売上は13%増の2億3,120万ドル。
香港の政治的不確実性の継続、人民元の切り下げと緊縮政策による中国政府からのマイナス影響により観光客数が激減、消費者の信頼と購買力を直撃した。
消費パターンも、ハイエンド高級品から大衆向け商品にシフトしている。
Rapaport®Diamonds.Net「Market Comments 5/26/2016」等より一部抜粋
提供:潟lットジャパン http://www.net-japan.co.jp/market/2016/05/5de-beers63.php
2016/05/24
ダイヤ価格下落傾向、2016年需要不振続く

【5月24日】
◆World Diamond Congressは透明性、責任、資金繰り、法令順守監査に対する法的規制に関して継続的に議論することに主眼を置いている。
2016年は昨年より上向くとの予想に反し需要不振が続いている。
選挙を控え米国の消費者は慎重で、Las Vegas ショーへの期待と不安が交錯している。
De Beersサイトでの原石価格は安定しており、原石需要は堅調に推移している。
ナミビアは、De Beersと10年間の供給契約を締結。
周大福は第1四半期の利益が40〜50%減少すると予告。
◆インド市場は安定しているが、夏休みの期間中でもあり取引は鈍化。
米国及び東アジアの需要は安定している。
インドでは内需が低迷し、金購入の時期であるAkshaya Tritiyaの期間中も売上は伸び悩んでいる。
研磨業者の生産量は安定している。
◆香港での研磨石取引は前週から減速。
1-2ct、D-J、VS-SI RapSpec A2 ダイヤ需要が堅調に推移しており、中国需要は安定。
3-5ctはスロー。
消費者心理は弱く、観光客の減少がジュエリーの小売販売に影響している。
金価格の高値もジュエリー購入を思いとどませる一因。
◆5月18日付のRapNet Diamond Index(D-H、IF-VS2、前月比)は下落傾向。
ベストプライスは、3.0ctと0.3ctが-2.0%、0.5ctと2.0ctが-1.0%、1.5ctが-0.4%となり、下落傾向が続く。
平均価格は1.0ctが+0.1%、2.0ctが+0.7%となり、他はやや下落。
◆"Oppenheimer Blue"が史上最高額の5,750万ドル(63億3,000万円)で落札
世界最大のブルーダイヤモンド"オッペンハイマー・ブルー"が、クリスティーズ(ジュネーブ)のオークションにて5,750万ドル(約63億3,000万円)で落札された。
競売で落札されたダイヤモンドとしては史上最高額。
Rapaport®Diamonds.Net「Market Comments 5/19/2016」、CNN等より一部抜粋
提供:潟lットジャパン http://www.net-japan.co.jp/market/2016/05/2016.php
2016/05/18
3ct下落傾向鮮明、増産により研磨石の在庫量増加

【5月17日】
◆香港では消費者心理の悪化が宝飾品販売に影響を及ぼしている。
宝飾品小売業者は、低迷する香港市場を補うために中国本土での安定した販売に依存している状況。
大手宝飾品業者は実店舗での販売拡大を見直し、電子商取引の可能性を模索している。
ダイヤモンドの取引は安定しているが、下半期の見通しは不透明。
◆インドでは学校が休みの間に休暇を取るディーラーもいて市場はスロー。
Las Vegas ショーへの期待が高まる中、ディーラーは米国からの注文に対応している。
アジア太平洋地域の需要は弱含み。
インド国内需要が改善。
0.30-1 ct、G-J、VS-SI、RapSpec A2ダイヤモンドのGIA dossier需要が堅調。
新たな研磨石の市場投入により在庫水準が上昇。
研磨業者の生産量は安定している。
◆5月10日付のRapNet Diamond Indexは全般的に下落傾向へ。
ベストプライスは、3.0ctが-3.6%、0.3ctが-2.0%、1.0ctが-1.7%、1.5ctが-1.2%となり下落傾向が鮮明。
平均価格も3.0ctの下落率が-2.5%と高く、2.0ct、1.0ctが微増、他は微減。
◆1,109ct"Lesedi La Rona"がSotheby's オークションに出品、現存する原石で最大。
Lucara Diamond Corporationが昨年11月にボツワナのKarowe鉱山で発見したTypeUaの原石が来月のSotherby's Londonオークションに出品される。
価格は7,000万ドルを超えるとされている。
Rapaport®Diamonds.Net「Market Comments 5/11/2016」等より一部抜粋
提供:潟lットジャパン http://www.net-japan.co.jp/market/2016/05/3ct.php
2016/05/10
米国需要上昇、インドでの原石取引鈍化

【5月10日】
◆Las Vegas ショーへの期待感から米国需要が上昇。
米国の3月の宝飾品販売は41億ドルと4%増加したが、JBTの報告によると第一四半期に323の小売業者がクローズし、統合が進んでいるとの事。
◆香港ではメーデー休暇の期間中、宝飾品の小売販売がやや持ち直したものの中国人観光客は少なかった模様。
香港の第一四半期の研磨石輸入は42億ドルと13%減少、輸出は32億ドルとなり8%減少した。
◆インドでの研磨石の取引はスロー。
ディーラーは、5月の学校休暇に伴い市場が静かになると予想。
2016年は昨年より改善するとの期待感から、市場心理は相対的に上向いている。
中国需要は安定している。
インドの国内需要は宝飾業者のストライキが終了したため改善している。
研磨業者の生産量は安定しているが、新たな研磨石が市場に投入されたため原石の取引は鈍化。
インドの3月の研磨石の輸出は18億ドルと4%増加、原石の輸入は14億ドルと5%減少した。
◆5月4日付のRapNet Diamond Index、3ctupの大粒石は下げがきつい。
ベストプライスは、3.0ctが-3.1%となり、大粒石の下落率が際立っている。
他、0.3ctが-1.5%、1.0ctが-1.2%、1.5ctが-0.8%の下落となり、他は微増。
平均価格は3.0ct、0.3ctがやや下落、2.0ctが+2.1%、0.5ctが+1.5%、1.0ctが+1.4%と増加し、他は微増。
◆シンガポール・ダイヤモンド投資取引所(SDiX)が発足。
5月5日、シンガポール・ダイヤモンド投資取引所(SDiX)で"世界初"となる現物決済の取引がスタートし、この数百年続いた世界的なダイヤモンド取引慣行の間で最も重要な変化となったと発表。
バックにはシンガポール政府のSovereign wealth fund Temasek HoldingsやVertex Venture Holdings(Temasekの完全子会社)、ベテラン投資家のJim Rogers、Alibaba創業者の一人であるSun Tongyuの名が連なる。
この新しい取引所はSingapore、Hong Kong、LondonとDubaiのブローカーメンバーにて構成され、取引時間は14:30〜18:30(シンガポール時間)。
Rapaport®Diamonds.Net「Market Comments 5/5/2016」等より一部抜粋
提供:潟lットジャパン http://www.net-japan.co.jp/market/2016/05/post-146.php
< 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 >

- W&J WEBSITE -