ダイヤモンド市況概況

2016/12/20
トランプ効果に需要後押し期待、インドではダイヤ品薄懸念

【2016/12/20】
◆トランプ効果により金融市場は記録的な水準に上昇、ジュエリー需要を後押しすることが期待されている。
FRBの金利引き上げは景気見通しを改善する。
中国、インド、中東市場は様子見の状況。
インドでは政府の廃貨政策により研磨業者の生産量が減少、研磨済ダイヤモンド不足が予想される。
De Beersの2016年の原石販売は58億ドルと36%増加。
インドの資金繰り悪化に伴い12月のサイトは4.18億ドルに減少。
◆インド:ムンバイではバイヤーの姿はごく僅か。
高額紙幣廃止の政策は、インド国内需要及びメレー市場での資金繰りに影響を及ぼしている。
特に、影響が大きい小規模ダイヤモンド・宝飾業者は、多くがDiwali以降再開していない状況。
小規模なスーラトの工場では、研磨量が制限されており、ピケなど低品質ダイヤの供給減少が懸念されている。
大手研磨業者、輸出業者はDiwali以降通常の生産を再開したが、12月のDe Beersサイトは小規模で原石取引は静か。
◆香港:小売業者のホリデー・シーズン向け在庫仕入が完了したため、卸売市場は静か。
0.30-1ct、D-H、VS2-SI2需要が堅調、良質なRapSpec A2+商品は品薄状態。
客足減少が続く中、宝飾業者は事業統合を進めておりクリスマス・シーズンでの販売見通しは明るくない。
周大福は香港から中国に投資をシフトしている。
◆12月14日付のRapNet Diamond Index(前月比、D-H,IF-VS2)は、ほぼ全てのサイズで下落。
平均価格は全てのサイズが下落となり、先週よりも下落率が拡大傾向にある。
ベストプライスは、0.5ctが-1.7%、0.7ctが-1.4%、1.0ctが-0.7%、1.5ctが-0.1%と下落。
一方3.0ctが+1.9%、2.0ctが+1.7%、0.3ctが+0.5%と上昇。
Rapaport@Diamonds.Net「Market Comments 12/15/2016」等より一部抜粋
提供:潟lットジャパン https://www.net-japan.co.jp/market/2016/12/post_165.html
2016/12/13
ホリデー・シーズンでの販売期待高まる、

インド企業は業務正常化を模索

【2016/12/13】
◆ジュエリー販売の繁忙期を迎え、研磨石市場は安定。
インドの高額紙幣廃止によりスモール・メレ需要は大幅減少、大粒石への影響は比較的少ない。
De Beersの1-12月原石価格指数は-5%となり、研磨業者の収益性は昨年より良好。
GIAが合成メレ検査サービスを開始。
◆米国:ホリデー・シーズン期間中での取引改善への期待感から市場心理が改善。
宝飾業者からの委託に関する問い合わせが増加。
1ct、H-J、VS-SI、RapSpec A3+に安定した需要が見られる。
メレ市場は静か、ペア・シェイプの需要が堅調。
小売業者は最終的な休日での売上向上のため、販売促進費用を増加させている。
◆インド:ディーラーは、11月の高額紙幣使用中止による混乱からの業務正常化を模索。
Diwali休暇後、大手輸出業者は通常の事業活動を再開。
小規模ディーラー及び研磨業者は、地元宝石商の低需要と新通貨に対する法律への適合を試みている。
米国及びイスラエルのディーラーは、堅調な米国需要に着目している。
De Beers及びALROSAの12月の販売期間中、原石の取引は安定。
◆香港:中国の旧正月向に安定した受注があり、市場心理はやや改善。
バイヤーの仕入は、需要が高い0.30-1ct、G-J、VS-SIなど低価格帯の商品に移行。
小売業者は、ドル高による中国人観光客の支出への影響を懸念している
10月のジュエリー、時計、高額品の販売はここ1年間で-20%から-0.1%となり減速が緩和。
宝飾業者は、売上改善のため販売価格を引き下げ、利益率を抑制。
◆12月7日付のRapNet Diamond Index(前月比、D-H,IF-VS2)は弱含み。
ベストプライスは、3.0ctが+3.2%と上昇率が高く、他は2.0ctが+1.2%、1.0ctが+0.8%。
一方、0.5ctが-2.2%、0.7ctが-1.5%と下落率がやや高く、1.5ctが-0.3%、0.3ctが-0.1%と微減。
平均価格は1.0ctのみ+0.1%と微増、他は全て下落。
Rapaport@Diamonds.Net「Market Comments 12/8/2016」等より一部抜粋
提供:潟lットジャパン https://www.net-japan.co.jp/market/2016/12/post_164.html
2016/12/07
ミレニアル世代のオンライン消費加速、中国人バイヤー元安で仕入に慎重

【2016/12/06】
◆ブラック・フライデーで株式市場が過去最高を記録、ホリデー・シーズンは楽観的に始まる。
NRFによると感謝祭の週末は、人出は横ばいながら平均的な消費は289ドルと3%減少。
Adobe Digital Insightsによるとサイバー・マンデーの売上高は35億ドルと13%増加、ミレニアル世代のオンライン消費が加速している。
◆米国:株式市場の回復とドル高により、ホリデー・シーズンへの販売期待が高まっている。
宝飾業者は、今後数週間で売上増を予想。
堅調な1ct、G-H、VS-SI需要を背景に、最終注文が僅かに増加。
◆インド:高額紙幣廃止に伴い、ディーラーは危機感を抱いており研磨石の取引は静か。
国内需要は低迷。
外国人バイヤーは、インド企業の深刻な資金不足を仕入の好機と捉えている。
安定した米国からの注文に大手研磨業者は合法的に取引しており、高額紙幣廃止の影響は軽微。
研磨業者がDiwali休暇から復帰したため、原石需要は安定している。
◆香港:Jewellery Manufacturers Association Show (11/24-27)の来場者数は安定しているが、ダイヤモンドの販売は低調。
中国のバイヤーは元の下落(11月、6.88/$と-2%)後、損失を回避するため仕入に慎重。
インドのディーラーは資金繰り悪化のため不在。
国内取引にて合成ダイヤモンドへの関心が高まっている。
◆11月30日付のRapNet Diamond Index(前月比、D-H,IF-VS2)は大粒石が上昇。
ベストプライスは、3.0ctが+3.6%、2.0ctが+3.5%と上昇率が高く、0.7ctが-1.6%、0.5ctが-0.7%と下落、他は微増。
平均価格は、0.7ctが-0.5%、3.0ctが-0.2%と微減、他はほぼ横ばい。
Rapaport@Diamonds.Net「Market Comments 12/1/2016」等より一部抜粋
提供:潟lットジャパン https://www.net-japan.co.jp/market/2016/12/post_163.html
2016/11/29
ブラックフライデー皮切りに市場心理改善、インド企業資金繰り悪化

【2016/11/29】
◆ブラックフライデー(11月の第4金曜日)を皮切りにホリデーシーズンが幕開け、市場心理が改善している。
小売業者の割引率は非常に高く、メイシーズではファインジュエリーを7割引で販売。
13年ぶりのドル高により、中国やインドでは需要の見通しに慎重。
◆米国では、失業率が低下し消費者マインドが改善、12月の金利引き上げの可能性が高くドル高の見通し。
研磨石市場は安定しているが、取引量は前年割れ。
ディーラーはホリデーシーズン向けに需要が堅調な1 ct.、G-H、VS2-SI1の在庫を補充。
◆インドでは、一部紙幣の使用中止により資金繰りが悪化、ダイヤモンド市場は静か。
スモールサイズ及び低品質ダイヤモンドの現地需要が激減。
Diwali休暇からワーカーが復帰、研磨工場はゆっくりと再稼働。
資金繰り悪化と低い利益率により原石需要が減少。
◆香港では、International Jewelry Manufacturers'Show(11/24-27)への需要押上げ期待により研磨石取引が鈍化。
中国元が対ドルで下落、中国での需要に警戒感。
周大福の上半期の収益は28億ドルと24%減少、利益は1億6,400万ドルで19%減少。
香港の小売売上高は減少を続けている。
◆11月23日付のRapNet Diamond Index(D-H、IF-VS2、前月比)はまちまち。
ベストプライスは0.5ctが-1.1%、0.7ctが-0.9%、1.0ctが-0.02%となり一部ポインターが低調。
一方3.0ctは+3.5%、2.0ctが+1.8%と上昇し他は微増。
平均価格はほぼ全てが微減。
3.0ctが-1.0%、1.5ctが-0.6%、1.0ctと0.7ctが-0.3%、0.5ctが-0.2ct、2.0ctが-0.1%の下落、一方0.3ctは+0.8%。
Rapaport@Diamonds.Net「Market Comments 11/24/2016」等より一部抜粋
提供:潟lットジャパン https://www.net-japan.co.jp/market/2016/11/post_162.html
2016/11/15
宝飾品販売、トランプ政権に期待、中国のジュエリー需要安定

[2016/11/15]

◆トランプ氏の勝利は米国の政治、社会、経済に大きな影響を与える。新たな政策は、より豊かな中産階級や多くの裕福な消費者を生み出し、宝飾業界に恩恵をもたらすと予想されている。
◆インド市場は闇市場撲滅のための政府の取り組みに衝撃を受けている。インド政府が現行の500ルピー、1,000ルピー紙幣の使用中止を発表後、消費者は金やジュエリーへの換金を急いだ。一般銀行での500ルピー、1,000ルピー紙幣の換金期限は12月31日。
Diwali休暇以降、取引は停滞。
研磨工場は11月21日再開予定。
◆香港での取引は比較的静か。ディーラーは特定の注文を満たす仕入に特化しており、在庫構築のための仕入は僅か。
小売業者は中国の旧正月への準備を進めているが、前年に比べ取引は鈍化。9月の香港小売市場は低調、ジュエリーや時計、高額ギフトの売上高は12%減少。
中国でのジュエリー市場は安定している。
アリババの11月11日「独身の日」セール、過去最高の売上1.9兆円を記録。
◆11月9日付のRapNet Diamond Index(D-H、IF-VS2、前月比)は一部を除き下落。
ベストプライスは0.7ctが-2.2%、1.0ctと0.5ctが-1.4%、3.0ctが-0.3%、0.3ctが-0.1%と低調。2.0ctが+0.9%、1.5ctが+0.6%と微増。
平均価格は0.7ctが-1.3%、0.5ctが-0.7%、1.0ctが-0.6%、3.0ctが-0.3%、1.5ctと0.3ctが-0.2%と軒並み減少する中、2.0ctのみ+0.6%と微増。
◆9月、香港のジュエリー・時計販売落ち込み緩和
香港政府統計處によると、9月の香港のジュエリーと時計の売上高の落ち込みは、観光客数の減少に歯止めがかかったことにより、今年で最も遅いペースとなった。
時計や他の高級ギフトを含む売上高は前年比12%減の6億7,580万ドルとなったが、前月比26.5%減と改善した。
小売全セクターの売上高も4.1%減の43.5億ドルと減少率が縮小。
ジュエリーと腕時計の売上高は年初からの9か月で、21.5%減の66億2,000万ドル。
◆Diwali期間中のジュエリー売上高、低い金価格の後押しにより上昇(インド)。
All India Gems & Jewellery Trade FederationのG.V.Sreedhar会長は「春のストライキに始まった約6か月間は危機的状況だった」と述べた。
KITCOによると1月から9月にかけて金価格は22%上昇した為、消費者は買い控えをしていたが、同氏によると昨年のDiwali期間中と比較し、売上高は25%増加したと推計。
特に北部、西部、東部で改善が見られ、南部も10〜15%伸びたとの事。
また、インド最大の宝飾品ブランドの1つであるTanishqは、10月11日のDussehraとDiwaliの期間で39%の成長率を記録した。
シーズン中に金の販売が回復したため、ダイヤの販売も改善。
ただし、高額品よりも求めやすい0.5ct以下の一粒石の指輪の販売が好調であった。
Rapaport@Diamonds.Net「Market Comments 11/10/2016」等より一部抜粋
提供:潟lットジャパンhttps://www.net-japan.co.jp/market/2016/11/post_160.html
2016/11/08
香港の市場心理弱まる、インド市場は非常に静か

【2016/11/08】
◆香港市場は安定しているが、9月の香港ショーでの活気は持続せず市場心理は弱い。
香港の小売業者は、クリスマス・シーズンに向け販売促進を加速。
最近のゴールデン・ウィーク期間中、観光客数は増加したものの消費は減少。
◆インド市場はほとんどの企業がDiwaliのためクローズしており非常に静か。
ディーラー間取引は11月14日再開予定、工場は11月21日までクローズ。
Diwali期間中の金の販売が堅調との報告により、結婚シーズンへの期待が高まっている。
原石市場はスロー、研磨業者はDiwali後の増産を予定している。
◆11月2日付のRapNet Diamond Index(D-H、IF-VS2、前月比)は一部を除き下落。
ベストプライスは0.5ctが-2.5%、1.0ctが-2.4%、0.7ctが-1.2%と低調。
他3.0ctが-0.6%、0.3ctが-0.4%、1.5ctが-0.3%と僅かに減少、2.0ctのみ+0.1%と微増。
平均価格は0.7ctが-1.0%、0.5ctが-0.8%、0.3ctが-0.7%、1.0ctが-0.4%となりポインター中心にやや下落。
一方、大粒石は3.0ctが+0.5%、2.0ctが+0.4%、1.5ctが+0.1%と微増。
◆香港の研磨石輸入落ち込む
DFHK(Diamond Federation of Hong Kong:香港鑚石総会)のデータによると、イスラエルとベルギーからの出荷が落ち込み、1~9月の9か月間の輸入は金額ベースでは132億ドルと2.4%減少、重量ベースでは1,460万カラットと2.9%増加した。
輸入相手国別では、イスラエルが11%減の14.3億ドル、ベルギーが9%減の14.4億ドルとなった一方、インドが+3.5%、米国が+4.6%と増加。
一方、輸出は101.6億ドルと2%増加。中国本土向けが27%増の20.6億ドル、インド向けが6%増の21.2億ドル、UAE向けが7%増の11億ドルとなった。
反面、米国、ベルギー、イスラエルは下落。
原石輸入は10億ドルとなり16%減少、輸出は14.7億ドルと18%増加した。
◆米国の宝飾店売上、2.1%減少の22億2千万ドル
米国労働統計局のデータによると8月の米国の宝飾店売上は22億2千万ドルと前年比2.1%減少した。
今年最初の8ヶ月間の売上高は18億1,700万ドルと1.2%増加。
9月の宝石の消費者物価指数(CPI)は、季節変動未調整の為、前月比-2.6%の下落だが、価格は1年前と比較し5%増加。
時計のCPIは0.4%の下落だが、1年前と比較すると7%増加している。
Rapaport@Diamonds.Net「Market Comments 11/3/2016」等より一部抜粋
提供:潟lットジャパン 
https://www.net-japan.co.jp/market/2016/11/post_159.html
2016/11/01
六福、売上高37%下落、9月のインド研磨石輸出急増

【2016/11/01】
◆六福、売上高37%下落
9月30日までの3ヶ月間の売上高は、消費者心理の低迷を受け37%下落。
既存店舗の売上は、中国本土が23%、香港マカオ地区が39%減少しグループ全体では24%下落(前四半期比)。
製品別では、金地金製品の売上高47%減少、宝石付きのジュエリー製品は14%減少した。
◆De Beers原石販売量が増加
De Beersの第3四半期の原石売上は重量ベースで530万ct(前年同期300万ct)となり77%増加し、前年同時期の需要低迷時と比較し、取引状況が改善。
De BeersとBotswananの合弁会社であるDebswanaの生産量が450万ctで12%増、昨年メンテナンスを行っていたJwaneng鉱山は280万ctで47%増加した。
◆10月26日付のRapNet Diamond Index(D-H、IF-VS2、前月比)はほぼ全てが下落。
1.5ctのみ微増。
ベストプライスは0.5ctが-2.6%、0.7ctが-2.3%、1.0ctが-1.8%、3.0ctが-1.7%、2.0ctが-1.1%、0.3ctが-0.7%の下落、1.5ctのみ+1.2%と上昇。
平均価格は0.7ctが-1.2%、1.0ctと0.5ctが-0.8%、2.0ctが-0.5%の下落。
一方3.0ctと1.5ctが+0.4%と微増、0.3ctは横這い。
◆9月のインド研磨石輸出急増
ジェム&ジュエリー輸出促進協議会の暫定データによると、9月のインドの研磨石輸出は25億ドルとなり30%増加した。
重量ベースでは320万ctと4%減少、輸入は1億8,460万ドルと21%減少した。
原石輸入は18億ドルと71%増加、原石輸出は昨年比2倍以上の1億5,510万ドルとなった。
また、月間の合成石(ほとんどがダイヤ)の原石輸入が1,120万ドル、合成研磨石の輸入が660万ドル、輸出が1,390万ドル。
Rapaport@Diamonds.Net「Market Comments 10/27/2016」等より一部抜粋
提供:潟lットジャパン  https://www.net-japan.co.jp/market/2016/11/379.html
2016/10/25
周大福売上高急落、CVD合成5ct、HPHT合成10ct GIAが検査

【2016/10/25】
◆周大福、第3四半期の小売売上高が急落。
9月30日までの3ヶ月間の売上高は、好調だった第2四半期と対照的に下落。
香港マカオ地区が33%(既存店舗売上は30%)、中国本土が17%(既存店舗売上は22%)下落した。
金地金価格の下落による金製品の売上高が足を引っ張っている模様。
◆GIAは今までで最大のCVD合成ダイヤ5.19ctを検査したと発表。
J-VS2相当のクッション・モディファイド・ブリリアントのCVD合成ダイヤはGIA香港ラボに検査依頼された。
天然に酷似した針状やクラウドの内包物があり、拡大検査で天然と判断される恐れがあるとの事。
9月には、高温高圧(HPHT)合成ダイヤで最大となる10.08ctを検査した。
◆10月19日付のRapNet Diamond Index(D-H、IF-VS2、前月比)はほぼ全てが下落。
ベストプライスは3.0ctが-2.1%、1.0ctが-1.6%、0.5ctが-1.4%、2.0ctが-1.3%、0.7ctが-0.9%、0.3ctが-0.5%と下落、一方1.5ctのみ+1.6%と微増。
平均価格の下落率は2.0ctが-1.4%、1.0ctが-0.6%、0.5ctが-0.5%、0.7ctが-0.4%、3.0ctが-0.3%。
他1.5ctが+0.3%、0.3ctが+0.2%と微増。
◆Rio Tintoダイヤモンド減産の見通し。
年間生産量は当初予想された1,800万〜2,100万ctから下方修正し、1,800万〜2,000万ctの見込み。
9月30日までの3ヶ月間で産出量は440万ctと3.3%増加、9ヶ月間で1,340万ctと2.5%増加した。

Rapaport Diamond.Net Latest Newsより一部抜粋
提供:潟lットジャパン https://www.net-japan.co.jp/market/2016/10/cvd5cthpht10ct_gia.html 
2016/10/18
研磨石市場は安定、低価格帯への需要が加速

【2016/10/18】
◆香港の研磨石市場は安定しているがバイヤーは僅か。
0.30-0.50ct、G-J、VS-SI需要が堅調。
ミレニアル世代の消費者は、手頃な価格であることに重点を置いている。
小売業者はクリスマスや旧正月での販売準備を進めており、中国での需要は安定している。
香港での小売販売が減少する中、中国本土での販売は改善。
◆インドではディーラーがDussehra休暇(10/11)以降お祭りモードで市場はスロー。
ムンバイでは、ユダヤ祝日の期間中、外国人バイヤーは少数。
Diwali休暇(11/1)を前に、研磨石の在庫量が増加。
取引はより低い価格帯に移行している。
米国では、0.20-0.70ct、H-K、SI-I2に安定した需要が見られる。
1ct以上の商品需要は鈍化。
メレ需要改善、スターは弱いまま。
◆10月12日付のRapNet Diamond Index(D-H、IF-VS2、前月比)は下落傾向。
ベストプライスは3.0ctの下落率が-2.9%と高く、0.5ctが-1.2%、1.0ctが-0.8%、1.5ctが-0.7%、2.0ctが-0.4%と下落。
一方0.3ctは+1.3%、0.7ctは+0.9%と上昇。
平均価格は2.0ctが-1.1%、1.0ctが-0.7%、0.7ctが-0.6%、0.5ctが-0.3%、3.0ctが-0.2%...と比較的大粒石の下落が目立つ。
他は0.3ctが+0.6%、1.5ctが+0.3%と微増。
◆8月の米国研磨石輸入上昇、ここ3年間で最高水準。
8月は季節的にスローではあるが、米国政府の統計によると、8月の研磨石輸入額は2.4%上昇し16億6千万ドル。
2013年の16億7千万ドルにほぼ肩を並べる数字となった。
重量ベースでは4%上昇の906,469ct、一方、平均ガイ価格は1.5%減少し、$1,833/ct。
輸出も好調で、3%上昇の13億8千万ドル。
しかし、今年の8か月間(1〜8月)では輸入が156億2千万ドルで2.7%下落、輸出も127億6千万ドルで1.2%下落している。
Rapaport@Diamonds.Net「Market Comments 10/13/2016」等より一部抜粋
提供:潟lットジャパン https://www.net-japan.co.jp/market/2016/10/post_158.html
2016/10/11
香港のディーラー間取引鈍化、インドでは研磨石生産量減少

【10月11日】
◆香港では中国の卸売市場が国慶節に伴う連休のためクローズしており、ディーラー間取引が鈍化。
香港での小売販売は中国の大型連休の期間中改善したが、売上高は前年を大きく下回っている。
◆インドでの研磨石取引は、米国と中国の安定した需要を反映し堅調。
メレ需要改善、-2は未だ軟調。
原石価格は底堅く研磨業者の利益率がタイトな状況下、GIA Dossier需要は安定している。
Diwali 休暇 (10/30)を前に研磨業者の生産量は減少しており、De Beers サイト後の原石取引は鈍化。
小売業者はDiwaliに先んじて販促活動が販売を後押しすることに期待を寄せている。
◆10月5日付のRapNet Diamond Index(D-H、IF-VS2、前月比)は1ct upが弱含み。
ベストプライスは3.0ctが-2.6%と下落率が高め。
他1.0ctが-0.6%、1.5ctが-0.3%の下落、2.0ctと0.5ctが+0.2%、0.7ctが+0.6%、0.3ctが+1.3%とわずかに増加。
平均価格は2.0ctと0.5ctが-0.9%、1.0ctが-0.8%、0.7ctが-0.6%、3.0ctが-0.3%と下落。
他は1.5ctが+0.1%、0.3ctが+0.7%の微増。
◆ALROSAの9月の原石販売増加。
ALROSAの9月のダイヤ売上は上昇し4億5,400万ドル。
原石の売上高は4億3,500ドルへ増加し、研磨石売上高は1,890万ドルとなった。
ALROSA副社長のYury Okoemovは、「期待通りに、ダイヤモンド原石のほぼ全てのカテゴリーにおいて良好な需要があった。
2015年9月の売上高に比べ格段に数字が良かった」とコメント。
Rapaport@Diamonds.Net「Market Comments 10/6/2016」等より一部抜粋
提供:潟lットジャパン https://www.net-japan.co.jp/market/2016/10/post_157.html
< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >

- W&J WEBSITE -