ダイヤモンド市況概況

2016/10/05
香港での取引は良好、研磨業者はDiwaliを前に増産体制

【10月4日】
◆ 香港での取引は、9月の香港ショー以降市場心理が改善し良好。
1ct、G-H、VS-SI、3EX、蛍光性noneの需要が堅調。
消費者の購買意欲がより手頃な価格の商品に移行する中、小売業者は販促活動を加速させている。
◆ インドでは米国での安定したスター、メレ需要を反映し研磨石市場は堅調に推移しているが、-2需要は低迷。
0.30-2ct、D-J、VS-SIに安定した需要が見られる。
サプライヤーは、Diwali (10/30)後、研磨工場が2-4週間の休暇に入る前に米国の注文を満たそうとしている。
イスラエルとニューヨークのバイヤーは積極的に商品を探している状況。
研磨業者はDiwaliを前に研磨量を増加させており、原石の取引は安定している。
◆中国の祝日(国慶節〜重陽節)やユダヤ祝日(Rosh Hashana、Yom Kippur、Sukkot)により、ディーラーの活動は縮小気味。
◆9月28日付のRapNet Diamond Index(D-H、IF-VS2、前月比)は高安まちまち。
1ctを境に明暗。
ベストプライスは1.5ctが-1.8%、3.0ctが-1.6%と下落。他は1.0ctが-0.4%、2.0ctが+0.3%、0.5ctが+0.7%、0.7ctが+1.0%と横這いで0.3ctが+1.9%とやや上昇率が高い。
平均価格は2.0ctが-1.2%、3.0ctが-0.9%、1.0tが-0.6%、1.5ctが-0.4%と大粒石がやや下落。
他は0.7ctが±+0.0%、0.3ctが+0.3%、0.5ctが+0.6%。
Rapaport@Diamonds.Net「Market Comments 9/22/2016」等より一部抜粋
提供:潟lットジャパン  https://www.net-japan.co.jp/market/2016/10/diwali_10.html
2016/09/27
市場心理は改善、在庫構築には消極的

【9月26日】
◆香港ショー後、市場心理は改善したが、国慶節(10/1)を前に仕入は抑えられている。
0.30-2ct、G-J、VS-SI需要が堅調だが、サプライヤーは大幅な値引きを控えているため、販売が制限されている。
3-4ctの需要が鈍化。
東アジアのバイヤーは低価格帯の仕入に移行しており、在庫構築を控えている状況。
中国の過剰在庫が減少する中、現需要を満たすため一部仕入が行われている。
◆インド市場は、堅調な米国需要を背景に安定している。
メレ需要が鈍化する中、+8は良好。 クッション、オーバルは堅調だが、スクエアは弱い。
原石価格が高く利幅がタイトな状況下、Diwali (10/30)を前に研磨業者は生産量を維持している。
◆9月21日付のRapNet Diamond Index(D-H、IF-VS2、前月比)は1.5ctが安く、他は落ち着いている。
ベストプライスは1.5ctが-1.4%、2.0ctが-0.3%と下落、3.0ctが+1.4%、0.3ctが+1.1%と上昇し他は微増。
平均価格は、1.5ctが-0.4%と下落した他は0.5tが+1.2%、0.7ctと0.3ctが+0.6%、2.0ctが+0.2%、3.0ctが+0.1%、1.0ctが+0.0%と横ばい。
◆インドの8月研磨石輸出が11%上昇。
ジェム&ジュエリー輸出促進協議会の暫定データによると、8月のダイヤモンド研磨石輸出が11%上昇し19億4,000万ドル、重量ベースでは1.4%上昇し287万ct。輸入は9%増の2億6,400万ドル。
一方原石輸入は72%増の10億5,000万ドル、輸出は39%増の1億2,240万ドルとなった。
◆世界最大級のGahcho Kué(ガウチョ・クエ)鉱山がオープン。
カナダのNorthwest Territories(ノースウエスト準州)において、De BeersとMountain Province Diamondsの合弁事業であるGahcho Kué(ガウチョ・クエ)鉱山がオープン。
この過去13年で世界最大の鉱山は、総量5,400万ctの生産が期待されており、フルタイムで530人の工夫を雇用すると発表。
Rapaport@Diamonds.Net「Market Comments 9/22/2016」等より一部抜粋
提供:潟lットジャパン https://www.net-japan.co.jp/market/2016/09/post_156.html
2016/09/21
香港ショーは予想より良好、休暇シーズンへの見通しは慎重

【9月20日】
◆香港ショー(9/13-19)は予想以上に悪くないと楽観的な見方も。
ある出展社によると、研磨石取引は過去4週間で改善されてきており、中国や米国の小売店は第4四半期の休暇シーズンに向けた在庫積み増しに期待、香港ショーは良い商品を探すための好機ととらえられているとの事。
主催者によると、7日間のイベント期間中には約5万8千人のバイヤーが見込まれ、55か国から3,600を超える出展社が参加(35%は香港企業)。
◆休暇シーズンへのバイヤーの見通しは慎重。
中国の拡大鈍化に伴い、東アジアの小売業者は在庫量減少を視野に入れている。
サプライヤーは高価な原石からの損失を最小限に抑えるため、研磨石価格を維持している。
2015年、De Beersの世界での原石販売額は推定137億ドルと30%減少、原石生産量は1億4,100万ctと0.7%減少、生産額は175億ドルと10%減少、平均価格は124ドル/ctと8%減少した。
◆インドの研磨石市場は香港ショーでの価格を維持したことにより堅調。
低い利益率にもかかわらず、Diwali祭を前に研磨石の生産量は安定している。
◆9月14日付のRapNet Diamond Index(D-H、IF-VS2、前月比)はまちまちだが安定。
ベストプライスは2.0ctが-1.1%、1.0ctと0.7ctが-0.7%、1.5ctが-0.6%、3.0ctが-0.3%と下落、他は0.3ctが±0%、0.5ctが+0.1%となった。
平均価格は0.3ctが-0.3%と下落、他は0.7ctが+0.4%、1.5ctが+0.5%、1.0ctが+0.6%、0.5ctが+1.2%、3.0ctが+1.3%、2.0ctが+1.7%と上昇した。
Rapaport@Diamonds.Net「Market Comments 9/15/2016」等より一部抜粋
提供:潟lットジャパン http://www.net-japan.co.jp/market/2016/09/post-153.php
2016/09/13
香港ショー開幕、期待感・不透明感交錯、

研磨業者はDiwali祭を前に増産体制

【9月13日】
◆香港の宝飾品小売はスロー、大手バイヤーは既に多くの在庫を抱えており市場心理が悪化。
中国では0.30-0.50ct、D-H、VS-SIのブライダル需要が堅調に推移、宝飾業者は国慶節の準備を進めている。
◆インドのディーラーは、香港ショーでの活発な取引により資金繰りが改善するのを望んでいる。
大量の商品が香港ショーに出展されることに期待を寄せている模様。
第2四半期、第3四半期と販売が振るわない中、研磨業者が生産量を維持したため研磨石の在庫量が増加。
1ct、H-M、VS-SIの需要が堅調。
◆カッティング・センターの市場心理は、ディーラーの取引向上に伴い改善、香港ショーへの期待感は不透明感と交錯。
De Beers、今年7回目のサイトで6億3千万ドルの販売。
ホリデーシーズンの需要増を見越して販売上昇。
前回のサイトの5億2,800万ドル、前年の3億5,800万ドルと比較し、大幅に上昇。
De Beersサイト後も安定したプレミアムが研磨業者の収益性を圧迫する中、Diwali祭を前に生産量を増加させている。
◆9月7日付のRapNet Diamond Index(D-H、IF-VS2、前月比)は低め安定。
ベストプライスは2.0ctが-1.2%、0.5ctが-0.6%、1.5ctと0.7ctが-0.5%、0.3ctが-0.2%と下落。
他3.0ctが+0.6%、1.0ctが+0.5%。
平均価格はほぼ安定。1.0ctが-0.3%、2.0ctと1.5ctが-0.2%、0.3ctが-0.1%の下落。
他は0.5ctが+0.5%、3.0ctが+0.3%、0.7ctが+0.2%。
◆8月のベルギーの原石輸出入(前年比)は引き続き上昇。
Antwerp World Diamond Centreによると、原石の輸出は5億3,060万ドルと23%増加、輸入は6億5,920万ドルと9%増加した。
また、研磨石は金額ベースでは輸出は3億9,860万ドルと17%増加、輸入は6億4,820万ドルと7%減少した。
重量ベースでは輸出が173,009ctと7%減少、輸入が404,641ctとなり4%減少した。
Rapaport@Diamonds.Net「Market Comments 9/8/2016」等より一部抜粋
提供:潟lットジャパン http://www.net-japan.co.jp/market/2016/09/diwali-9.php
2016/09/06
9月の香港ショーを前に市場心理が改善

【9月6日】
◆香港では、ディーラーが香港ショーの準備を進めている。
1-2 ct.、D-I、VVS-SI需要が安定。
小売業者は、中国の婚礼で人気の10月1日ナショナルデー・ゴールデンウィークのために
仕入れを強化している。
◆インドでは香港ショーを前に東アジアの需要が高まり市場心理が改善。
ムンバイでは外国人バイヤーが商品を探している。
小売業者がDiwali(10月30日)の準備を進めているが、インド国内需要には警戒感が漂う。
結婚シーズンが始まり地元での金価格下落に伴い金需要が高まっている。
GIA Dossierに安定した需要が見られる。
研磨業者がDiwali祭を前に在庫構築を進めており、原石需要及び研磨業者の生産量は安定している。
◆8月31日付のRapNet Diamond Index(D-H、IF-VS2、前月比)は低調。
ベストプライスは2.0ctが-2.2%、0.7ctが-1.3%、1.5ctと1.0ctが-0.6%と下落、他は微増。
平均価格は1.0ctと0.3ctが-0.9%、1.5ctが-0.8%、2.0ctが-0.5%、0.5ctが-0.4%と下落、0.7ct、3.0ctは微増。
◆シンガポールダイヤモンド投資取引所(SDiX)取引量上昇、8月は670万ドルに。
SDiXの広報担当者によると、取引量は5月開設時の110万ドルから、6月と7月には310万ドルと増加、8月の急上昇で、年間取引量は1,400万ドルとなった。
Rapaport@Diamonds.Net「Market Comments 9/1/2016」等より一部抜粋
提供:潟lットジャパン  http://www.net-japan.co.jp/market/2016/09/9-2.php
2016/08/30
9月香港ショーを前に香港・インドでの取引が改善

【8月30日】
◆香港での取引は、堅調な中国や他のアジア市場を背景に改善している。
香港の地元需要はスロー。
ディーラーは大量の在庫を保持しており、9月の香港ショーに適した商品仕入れに徹している模様。
1 ct.、D-I、SI1-I2需要が堅調。
3ct以上のファンシー・シェイプ需要が増加。
中国の小売市場は地元香港の小売市場よりも良好。
◆インドの研磨石取引は、香港ショーを前に改善。
ディーラーはVS-SIの商品に着目している。
ムンバイでは、堅調な米国や中国需要を背景に、多くの外国人バイヤーが掘り出し物を探している状況。
De Beersサイトを前に原石需要は安定している。
研磨業者は、11月のDiwali祭まで現在の生産量を維持する方針。
◆8月24日付のRapNet Diamond Index(D-H、IF-VS2、前月比)は0.5ct以外の全てのサイズで下落。
ベストプライスは2.0ctが-3.1%、1.5ctが-1.7%、0.7ctが-1.5%、1.0ctが-1.4%と下落率が高い。
他3.0ctが-0.9%、0.3ctが-0.6%となり、0.5ctは+0.1%の微増。
平均価格は1.5ctと1.0ctが-0.9%、2.0ctと0.3ctが-0.8%と高め。
0.7ctが-0.3%、3.0ctが-0.0%、0.5ctは+0.1%。
◆7月のインド研磨石輸出金額が上昇
インドのThe Gem & Jewellery Export Promotion Council(GJEPC)提供の暫定データによると、7月のインド研磨石輸出は金額ベースでは1%上昇し16億5,000万ドルに、重量ベースでは11%下落の250万ct。
輸入は2%上昇し2億7,250万ドル(純輸出は0.6%上昇の13億8,000万ドル)。
一方、原石輸入は27%増の14億ドル、原石輸出は85%跳ね上がり1億1,030万ドル(純輸入は24%上昇の12億8,000万ドル)となり、研磨石の純輸出と原石の純輸入の差(インド国内のダイヤ在庫)が70%減少し1億10万ドルとなった。
Rapaport@Diamonds.Net「Market Comments 8/25/2016」等より一部抜粋
提供:潟lットジャパン http://www.net-japan.co.jp/market/2016/08/9-1.php
2016/08/23
インド・香港市場は低迷、ディーラーは9月の香港ショーに期待

【8月23日】
◆インドの市場心理は悪化しており、取引はスロー。
ディーラーは9月の香港ショーに向け準備を進めている。
研磨業者は一定量の生産量を確保しており研磨石の在庫レベルは高いが、ここ数カ月の需要は低迷。
SI2-I2 需要は堅調、他は軟調。
スター・メレーの国内需要は鈍化。
取引量は少ないがインドの原石市場は安定している。
ロシアの原石はALROSAの販売期間中も一定のプレミアム付きで販売されている。
◆香港での研磨石の取引が低迷する中、ディーラーは9月の香港ショーの準備を進めており取引は改善している。
資金繰りのため、小規模サプライヤーは割引価格で販売しており、中堅企業は追随するのが難しい状況。
バイヤーは受注品のみを仕入しており、ダイヤ価格は不安定。
◆8月17日付のRapNet Diamond Index(D-H、IF-VS2、前月比)は全てのサイズが下落。
ベストプライスは3.0ctが-2.8%、1.5ctが-1.8%、2.0ctが-1.7%と大粒石の下落率が高い。
他は1.0ctが-0.9%、0.5ct、0.3ctが-0.8%、0.7ctが-0.4%。
平均価格は1.0ctが-1.2%、0.3ctが-0.9%、1.5ctが-0.8%、2.0ctが-0.7%、0.7tが-0.6%、3.0ctが-0.4%、0.5ctが-0.3%。
◆イスラエルのFIBIが融資基準を引き締め
イスラエルのダイヤモンド取引所(IDE)は、FIBI(First International Bank of Israel)によるダイヤモンド取引のための融資基準強化に対し、争っていくと表明。
IDE代表のDvash氏は、FIBIの担保条件が他業界に適用されるものよりも厳しいことに言及している。
Rapaport@Diamonds.Net「Market Comments 8/18/2016」等より一部抜粋
提供:潟lットジャパン http://www.net-japan.co.jp/market/2016/08/9.php
2016/08/09
上半期、香港での小売売上高11%減少、17年間で最大の落ち込み

【8月8日】
◆香港の小売店は、売れ行きが振るわない夏の台風シーズン中に在庫一掃のため割引価格で販売している。
観光と経済成長の鈍化により、全体的な小売売上高は上半期11%減少、17年間で最大の落込みとなる。
宝飾品や高級品の販売が低調。
1 ct.、G-J、VS-SI、3EXの商品需要が堅調に推移しおり、ダイヤモンド取引は安定している。
◆インドでの研磨石取引は静か。
IIJSショー終了(8/4-8)。
ダイヤモンドやゴールドジュエリーの販売への期待は低かった模様。
参加した外国人バイヤーは非常に少ない。
1 ct.、G-J、VS-SIのダイヤモンド需要が堅調。
米国の需要は安定しているが、中国及びインド国内需要は低調。
De Beers の7月サイト(7/25-29)以降も原石取引は安定している。
◆8月3日付のRapNet Diamond Index(D-H、IF-VS2、前月比)は下落傾向継続。
ベストプライスは0.5ct.が+0.3%になった以外は全て下落。
1.0ct.-2.3%、3.0ct.-2.2%、2.0ct.と1.5ct.-1.9%、0.3ct.-1.7%、0.7ct.-0.5%。
平均価格は引き続き全てのサイズが下落。
1.0ct.-1.9%、2.0ct.-1.5%、0.7ct.-1.4%、1.5ct.と0.3ct.-1.3%、0.5ct.-1.1%、3.0ct.-1.0%。
◆ベルギーでの研磨石取引が低迷。
7月のベルギーの研磨石取引は原石の好調をよそに低迷。
原石好調・研磨石不調という今年のトレンドに沿ったものとなっている。
7月の研磨石輸出は、ガイ価格が1,941ドルと1.3%増加したにもかかわらず、金額ベースでは10億2,000万ドルと14%減少、重量ベースでは52万7,826ctとなり16%減少した。
また、研磨石の輸入が8億4,040万ドルと17%減少する一方、原石の輸入は9億770万ドルと17%増加し、輸出は11億7,000万ドルと14%増加した。
Rapaport@Diamonds.Net「Market Comments 8/4/2016」等より一部抜粋
提供:潟lットジャパン http://www.net-japan.co.jp/market/2016/08/1117.php
2016/08/02
合成ダイヤ懸念、メレ価格下落
【8月2日】
◆香港の小売市場低迷。
大手ジュエリー小売業者は、販売不振が続く中、新たな収益源を模索している。
金価格反発後、ゴールドジュエリーの販売が不調。
宝石がセットされたジュエリー販売は安定。
1 ct、H-J、VS-SI、3EXの商品需要が堅調。
◆インドでの研磨石取引はスロー。
ダイヤ価格が不透明な中、バイヤーは選択的。
季節がら米国、イスラエル、ベルギーなど主要なダイヤ市場は静か。
ムンバイの外国人バイヤーは少ない。
金需要の低下によりIIJS ショー(8/4-8)への期待度は低い。
1 ct、G-H、VS-SI、3EXに安定した需要がある。
合成ダイヤの長期的な影響を懸念し、スターやメレ価格が下落。
原石需要及び研磨業者の生産量は安定している。
◆7月27日付のRapNet Diamond Index(D-H、IF-VS2、前月比)は下落傾向が継続。
ベストプライスは0.5ctが+1.5%になった以外は全て下落。
3.0ctが-2.8%、1.5ctが-2.4%と下落率が高い。
他1.0ctが-1.4%、2.0ctが-1.2%、0.3ctが-1.1%、0.7ctが-0.8%。
平均価格は先週同様全てのサイズが下落。
2.0ctが-2.0%、1.0ctが-1.9%、1.5ctが-1.7%、0.7ctが-1.6%、3.0ctが-1.4%、0.3ctが-1.3%、0.5ctが-0.3%となった。
◆De Beersの半期決算は原石需要が高く、売上高・利益ともに上昇。
De Beersの半期決算の売上高・利益は、強い原石需要、厳しいコスト管理と為替レートの恩恵を受け上昇。
売上高(6月30日までの半年)は8.2%増の32億7,000万ドル、EBIT(支払金利前税引前利益)は2%増の5億8,500万ドル、純利益は5%増の3億7,900万ドルとなった。
しかしながら、原石売上高は下半期に鈍化する傾向があり、市場は社会的、政治的不安定などによる下振れリスクがあると警告。
2016年の生産見通しを、昨年の2,900万カラットから2,600〜2,800万カラットへと下方修正した。
Rapaport®Diamonds.Net「Market Comments 7/28/2016」等より一部抜粋
提供:潟lットジャパン http://www.net-japan.co.jp/market/2016/08/post-152.php

2016/07/27
市場は小康状態、原石・研磨石共に鈍化

【7月26日】
◆夏期につき市場は小康状態。
需要低迷により在庫量が増加、ディーラーの利益を圧迫している。
ALROSAの販売期間中、原石のプレミアムが伸びず市場は静か。
◆香港のディーラー市場は季節がら静かだが安定している。
宝飾業者は通常の在庫構築を避け、特別な顧客需要のためにのみ仕入れをしている状況。
値引きにより消費者を呼び込み、在庫を減らしている。
バイヤーは、9月のジュエリー・ショーで需要促進が期待できる低価格商品を探している。
◆インド・ムンバイでは一部の米国及び中国人バイヤーが掘り出し物を探しているが、市場心理は弱く取引はスロー。
8月まで市場は静かとの予想。
ルピー建て金価格が高く、ゴールドジュエリーの需要低迷によりMumbai ショー(8/4-8)への期待度は低い。
研磨業者の原石在庫が減少する中、研磨量は安定、7月のDe Beers サイト(7/25-29)を前に流通市場での原石取引は鈍化。
◆7月20日付のRapNet Diamond Index(D-H、IF-VS2、前月比)は下落傾向が続く。
ベストプライスは0.5ctが+0.7%になった以外は全て下落。
3.0ctが-2.8%、1.0ctが-1.5%、0.3ctと1.5ctが-1.3%、2.0ctと0.7ctが-0.8%。
平均価格は全て下落。
2.0ctが-2.3%、3.0ctと1.0ctが-1.7%、0.3ctが-1.6%、1.5ctと0.5ctが-1.3%、0.7ctが-0.9%となった。
◆ALROSAの第2四半期ダイヤ原石売上上昇
ALROSAの第2四半期ダイヤ原石売上が上昇、収益は年頭発表の数値から19%上昇し、少なくとも12億ドルに増加したとの事。
売上高は7%上昇し960万カラットとなった。
宝石品質ダイヤが27%増加した一方、工業用ダイヤは26%下落した。
しかし、メーカーの研磨取引が低迷していることから、今年の下半期の需要は鈍化すると予想、2016年の年間生産高を3,900万カラットから3,700万カラットへ下方修正。
Rapaport®Diamonds.Net「Market Comments 7/21/2016」等より一部抜粋
提供:潟lットジャパン  http://www.net-japan.co.jp/market/2016/07/post-151.php
< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >

- W&J WEBSITE -