ダイヤモンド市況概況

2017/07/11
RapNet ダイヤ指数全面安、閑散期のため市場は静か

【7月11日】
◆インド:バイヤーはより大きな値引を要求する中、サプライヤーは新たな研磨石の価格を堅持しており取引は慎重。
古い在庫の動きが鈍化。
企業は7月1日に発効された"Goods and Services Tax (GST)"への影響を探っている。
研磨量は安定しているが、夏の閑散期に向け研磨石の需要鈍化が予想される。
流通市場におけるディーラーの利益率が低下する中、原石市場は堅調に推移。
◆香港:卸・小売業者が第4四半期の販売計画策定の最中、市場は季節がら静か。
6月の香港ショーによる市場活性化への影響はあまり見られない。
夏の閑散期、小売業者の仕入は限定的。
香港の小売売上高は改善の兆しを見せている。
中国のジュエリー売上は安定している。
◆7月5日付のRapNet Diamond Index(前月比、D-H,IF-VS2)は、3ctを除き全面安。
ベストプライスは3.0ctが+2.1%となった以外、全てが下落。
0.5ctが-3.8%、0.7ctが-2.2%、2.0ctが-1.8%と下落率が高い。
また、平均価格も0.5ctが-3.7%、0.7ctが-2.2%、0.3ctが-1.9%、1.0ctが-1.3%、1.5ct-が-1.0%、2.0ctが-0.7%と下落、3.0ctのみ+0.0%。
◆4月の米国研磨石輸入は前年比15%減少
米国政府のデータによると、4月の米国研磨石輸入は15.6億ドルとなり前年比15%減少した。
重量ベースでは66万ctとなり17%減少、平均単価は2,366ドル/ctと2%増加した。
研磨石輸出は11.6億ドルで13%減、原石輸入は2,500万ドルで66%減少、原石輸出は1.14億ドルとなり43%増加。
2017年の最初の4か月間の研磨石輸入は68億ドルと前年比8%減少、輸出は57.4億ドルと5%減少した。
また、原石輸入は2.21億ドルと19%増、輸出は2.47億ドルとなり69%増加した。
Rapaport Diamonds.net等より、一部抜粋
提供:潟lットジャパン https://www.net-japan.co.jp/market/2017/07/rapnet_2.html
2017/07/05
ラパ・ダイヤ価格下落、インドの新たなGST法、取引に負の懸念

【7月4日】
◆Papaport Diamond Prices(6/30)ラウンド価格下落
0.50-0.89/D-J、IF-VVS2中心、0.90-0.99/D、IF、1.50-1.99/D、IF-VVS2価格下落。
◆香港:6月の香港ショーで市場心理が改善。
バイヤーは慎重で選択的だが、0.30-0.40ct、H-I、VS-SI、RapSpec A2 ダイヤモンドの需要が堅調に推移。
ファンシーカラー・ダイヤモンドへの関心高まる。
宝飾品の小売売上高がやや改善。
◆インド:ラスベガスと香港ショー後、米国や東アジアの需要が低迷しておりディーラーは市場動向を注視している。
原石市場が堅調に推移する中、研磨業者の稼働率は高く研磨石の在庫量が増加。
研磨業者は在庫量増加に伴い第3四半期には減産の見通し。
0.30-2.0ct、H-J、SI、RapSpec A2 +ダイヤモンド需要が堅調。
新たなGST(Goods and Services Tax)法は宝飾品の販売及びダイヤモンドの取引にマイナスに働くと懸念されている。
◆6月28日付のRapNet Diamond Index(前月比、D-H,IF-VS2)は、ほぼ全面安。
ベストプライスは0.5ctが-2.4%、0.7ctが-1.6%、0.3ctが-1.5%、1.0ctが-1.1%、2.0ctが-0.9%、3.0ctが-0.1%となり、1.5ctのみ+0.8%。
平均価格は0.5ctが-2.9%、0.3ctが-2.0%、0.7ctが-1.8%、3.0ctと2.0ct-が-1.1%、1.0ctが-1.0%、1.5ctが-0.8%と全面安。
RapNet Diamond Indexを反映しPapaport Diamond Pricesが下落、特に0.5ct upのハイカラー・ハイクラリティーが弱い。
◆六福決算〜第4四半期の利益改善で株価上昇。
香港ベースの宝飾小売大手である六福は2017年度(2016年4月〜2017年3月)の決算を発表。
中国本土の消費者心理の改善による利益増加で、株価が2%上昇。
利益は131.6億USドルと7%増加、売上高は16.4億USドルと9%減少したが、減少率は昨年の12%減に比べ改善。
六福の会長兼CEO Wong Wai Sheung氏によると、来港する中国本土からの観光客は、景気減速により滞在期間を短縮し滞在費を抑制していたが、最近は改善しているとの事。
香港での売上高は8.891億ドルと16%減少、中国本土からの収益は5.296億ドルと6%増加した。
Rapaport Diamonds.net等より、一部抜粋
提供:潟lットジャパン https://www.net-japan.co.jp/market/2017/07/gst.html
2017/06/27
De Beers原石価格引上げ、研磨業者の利益率低下により市場鈍化

【6月27日】
◆De Beers は売上5.3億ドルの6月サイトで、原石価格を平均2-3%引き上げたため原石市場が鈍化。
価格下支えのため供給を制限、研磨石の販売低迷に対応。
米国市場を反映したLas Vegasショー低迷後、香港ショーでの中国需要への期待高まる。
◆インド:取引は比較的静か、ディーラーは香港ショーでの需要牽引に期待。
研磨量は安定している。
サプライヤーの在庫量は、ホリデーシーズンの小売店からの受注に備えて増加。
◆香港:中国での0.30-1ct., E-G, VS-SI, RapSpec A2+ ダイヤモンドの需要が堅調、大手小売業者は夏に向け在庫を補填。
中国での小売需要が高まり、香港市場改善の兆候。
◆6月21日付のRapNet Diamond Index(前月比、D-H,IF-VS2)は、ほぼ全面安。
平均価格は1.0ctの+0.1%を除きすべて下落、特にポインターと3.0ctが弱い。
0.5ctが-1.9%、3.0ctが-1.4%、0.3ctが-1.3%、0.7ctが-1.1%となり、他は微減。
ベストプライスもポインターの下落率が高く0.5ctが-2.7%、0.7ctが-1.1%、2.0ctが-0.9%、0.3ct-が-0.7%、1.0ctが-0.3%、3.0ctが-0.1%。
一方1.5ctのみが+0.3%とわずかに上昇。
Rapaport Diamonds.net等より、一部抜粋。
提供:潟lットジャパンhttps://www.net-japan.co.jp/market/2017/06/de_beers_331.html
2017/06/20
RapNetダイヤ価格全面安、17年後半の不透明感増幅

【6月20日】
◆ラスベガス・ショーは客足が減っているもの、取引は安定。
しかし、バイヤーは緊急を要する購買が無く、小売業者の利益確保によるサプライヤーへの価格引下げ圧力により、昨年の平均卸価格が2%下落したとの事。
また、良質なSIは人気で供給不足となっているが、研磨業者が新たに研磨した石が閑散期の夏季市場に多く出回る事が懸念されている。

◆インド:JCKショーへの失望感により取引改善への機運が低下。
小売業者の来場者減少は、2017年後半の発注減少および市場の不透明性を示唆している。
研磨石の在庫量が増加する中、需要低迷により研磨量の減少が予想される。
全サイズでSI需要が堅調。
De Beersの原石供給制限に伴い原石需要は堅調に推移。

◆香港:研磨石の取引は夏季の閑散期でもありスロー。
ディーラーはHong Kong Jewellery & Gem Fairの準備を進めている。
小売販売改善を反映し、中国での0.30-1ct、D-F、VS-SI、3EX、蛍光性無しの商品需要が安定。

◆6月14日付のRapNet Diamond Index(前月比、D-H,IF-VS2)は、ほぼ全面安。
平均価格はポインターが総じて弱く、0.5ctが-2.0%、0.3ctが-1.7%、0.7ctが-1.3%、大粒石は全てのサイズで微減。
ベストプライスもポインターが下げの牽引役となり、0.5ctが-2.5%、0.7ctが-2.1%と下落率が高い。
3.0ctが-1.3%、2.0ct-が-0.5%、0.3ctが-0.4%、1.0ctが-0.0%となった一方、1.5ctのみ+0.7%とわずかに上昇。
Rapaport Diamonds.net等より、一部抜粋。

提供:潟lットジャパン https://www.net-japan.co.jp/market/2017/06/rapnet17.html
2017/06/13
JCKショー、推計で20%〜25%客足減少

【6月13日】
◆JCKラスベガスショーの客足は推計で20%〜25%減少、低品質需要を反映しバイヤーの予算も減っている模様。
バイヤーはI、SI、3EX、Noneという入手困難なものを探しており、中国需要がSIや低価格帯へとシフトしていることもあるが、このレンジは以前から米国市場で強くなっており、商品供給の競争が激化している。
一方、サプライヤーは古い過剰在庫を割引してきたが、米国の宝飾店は低価格でも在庫用に仕入れをせず、既存の在庫で十分足りている状況。
◆東アジアでのペアシェープ需要が堅調、米国ではオーバルがペアを上回り最も人気がある。
良質のペアとオーバルは品薄状態、クッションの需要は安定している。
カットの良いファンシーシェープと平均的なカット間の価格差が拡大、カットの悪いファンシーシェープは、大幅に値引きしても販売が難しい状況。
◆6月7日付のRapNet Diamond Index(前月比、D-H,IF-VS2)は全般的に弱い。
ベストプライスは0.7ctが-2.2%、0.5ctが-1.5%と先週よりも下落率が拡大、1.5ct-が-0.8%、3.0ctが-0.6%とやや下落した一方、1.0ctが+0.6%、0.3ctが+0.3%、2.0ctが+0.1%とわずかな上昇にとどまっている。
平均価格も弱く、1.0ctが+0.3%、3.0ctが+0.1%と大粒石の一部がわずかに上昇、0.5ctが-1.1%、0.7ctが-0.8%、0.3ctが-0.7%、1.5ctと1.0ctが-0.4%と冴えない。
◆蚤の市で買った指輪がUSD848,000ドルで落札〜Sotheby'sオークションにて
1980年代にわずか13ドル(10ポンド)で買った指輪が、Sotheby'sオークションにてUSD847,667で落札、予想価格(USD322,657〜451,745)をはるかに上回った。このクッションカットのダイヤは26.29ctでI、VVS2。
RAPAPORT DIAMONDS NETより一部抜粋
提供:潟lットジャパン https://www.net-japan.co.jp/market/2017/06/jck2025.html
2017/06/06
ネットショッピングにシフトする中、実店舗型小売業者は販促を加速

【6月6日】
◆在庫構築に影響を与える消費者の嗜好の変化に適応するため、ディーラーは市場を調査している。
米国では、消費者がネットショッピングにシフトする中、商店街への客足は遠のき小売業者は販促を加速させている。
原石需要が堅調に推移する中、研磨業者は研磨石の利益を確保している。
◆5月31日付のRapNet Diamond Index(前月比、D-H,IF-VS2)は様子見の状況。
ベストプライスは0.7ctが-1.6%、0.5ctが-1.4%となり、ポインターが引き続き弱含み。
1.5ctが-0.9%、3.0ctと1.0ctが-0.2%、3.0ctは先週と一転、下落となる。
2.0ctは+0.1%、0.3ctは+0.3%とわずかに上昇。
平均価格はまちまちだが、大粒石以外は先週に比べ下落傾向。
0.7ctが-1.3%、0.3ctが-1.0%、0.5ctが-0.5%、1.0ctが-0.2%と冴えない。
一方、大粒石も3.0ctが+1.9%、2.0ctが+0.2%と上昇しているが、上昇率は先週よりも低い。
◆Alrosaの第1四半期決算、原石の販売が落ち込む。
Alrosaグループは3月31日までの第1四半期決算を発表。
宝飾品質のダイヤモンド原石の売上高は13.5億ドルで前年比18%減、他は工業用ダイヤモンド、ガス販売、その他で総売上高は15億ドルとなり前年比17%減少、利益は4億140万ドルで前年比55%減少した。
同社の最大販売市場であるベルギーへは7億6,420万ドルで15%減、インド向けには2億2,810万ドルで23%減少したが、重量ベースでは1,410万ctとなり17%増加した。
販売が小粒石・低品質へシフト、ルーブルが対米ドルで8%上昇した事が影響している。
(Rapaport Diamonds.net等より、一部抜粋)
提供:潟lットジャパン https://www.net-japan.co.jp/market/2017/06/post_183.html
2017/05/30
各市場はラスベガスショーに向けて期待と懸念が交錯

【5月30日】
◆香港:閑散期にも関わらず研磨石市場は安定。
低品質、低予算に向かう消費者需要の移行を反映し、ディーラーはカラー、クラリティの低い商品に着目している。
香港の宝飾品の売上は、旅行者の減少に伴い低迷。
中国本土での宝飾品の販売は、富裕層が地元で買い物をしているため好調。
オーバルシェイプが人気。
◆インド:5月の学校の休暇に合わせ一部ディーラーが休暇を取っておりダイヤ取引はスロー、海外バイヤーはごく僅か。
ラスベガスショーへの期待高まる。
-2、SI需要が堅調、スター、メレ、ピケ需要は鈍化。
0.30-0.40ct、D-J、VS-SI、3EXの需要が旺盛。
研磨業者の生産量増大に伴い、原石取引が増加。
◆5月24日付のRapNet Diamond Index(前月比、D-H,IF-VS2)は全体的に弱含みで様子見の状況。
ベストプライスは0.7ctが-1.5%、0.5ctが-1.1%となり、ポインターが引き続き弱い。
また、先週上昇していた2.0ctと1.0ctは1.0ct-が0.3%、2.0ctと1.5ctが-0.2%と下落。0.3ctは+0.0%、3.0ctは+1.2%。
平均価格は全般的に微増微減と冴えない。0.7ctが-0.4%、0.5ctと0.3ctが-0.1%、1.5ctが+0.5%、1.0ctが+0.9%、2.0ctが+1.2%、3.0ctは+2.3%。
◆香港小売チェーンTSL(謝瑞麟)が低迷
2月末の決算の数字は、売上が4億3,800万USドルで3.6%減少、利益は300万USドルで2.6%減少した。
しかし、中国での売上高は2億6,550万USドルとなり15%増加した。
一方、中国本土から香港を訪れる観光客の減少に伴い、香港とマカオの売上高は1億6,710万ドルとなり23%減少した。
同グループは、2月末に香港に28店舗、マカオに3店舗、本土にある店舗網は198店舗の自販店と132店舗のフランチャイズ店舗で構成されている。
Rapaport Diamonds.net等より、一部抜粋
提供:潟lットジャパン https://www.net-japan.co.jp/market/2017/05/post_182.html

2017/05/23
カラーダイヤモンドへの関心高まる、全サイズでSI需要が堅調

【5月23日】
◆香港:研磨石の取引が鈍化している状況下、ディーラーは中国での需要と宝飾品の
小売販売の改善に伴い6月の販売に期待を寄せている。
0.30-1ct、F-M、VS-SI需要が旺盛。
カラーダイヤモンドと色石に対する関心が高まっている。
5月10〜15に開催されたShanghai International Jewellery Exhibitionでの売行き不
振が報告されている。
◆インド:サプライヤーはラスベガスショーの準備を進めている。
一般消費者の来場があまり期待できない状況下、一部企業は参加人員を絞っている。
中国業者の低クラリティへの移行に伴い、すべてのサイズでSI需要が堅調。
5億2,000万ドルに制限された5月のDe Beersサイトでの原石販売以降も原石取引は安
定している。
研磨石の生産量は引続き上昇。
◆5月17日付のRapNet Diamond Index(前月比、D-H,IF-VS2)は、一部が上昇したもの
の、全般的には弱い印象。
平均価格は1.5ctと0.7ctが-0.4%、0.5ctが-0.2%とわずかに減少。
一方、3.0ctが+1.7%、0.3ctは+0.4%、1.0ctは+0.1%と増加した。
ベストプライスは0.7ctと0.5ctが-1.2%と減少しポインターが引き続き弱い。
また、0.3ctは+0.1%と微増、1ct以上のサイズは微増微減。
◆4月のインド研磨石輸出が減少
Gem&Jewellery Export Promotion Councilによると、4月のインドの研磨石輸出は金
額ベースで17.5億ドルと前年比2%減、重量ベースでは240万ctと9%減、平均価格は8%
上昇し737ドル/ct。研磨石輸入は1億8,490万ドルと17%減少した。
また、原石輸入は17.4億ドルと7%減、原石輸出は1億1930万ドルとなり39%増加した。
暦年の最初の4か月で2016年と比較すると、研磨石輸出は76.5億ドルで2%増加、研磨
石輸入は8.24億ドルと9%減、原石輸入は61.1億ドルとなり5%増加、原石輸出は5.97億
ドルで24%増加した。
Rapaport Diamonds.net等より、一部抜粋
提供:潟lットジャパン https://www.net-japan.co.jp/market/2017/05/si.html
2017/05/16
ラスベガスショーを前に市場は様子見の状況

【5月16日】
◆香港:多くのディーラーが未だ休暇中の中、卸売市場は安定している。
中国での小売改善に伴い市場心理が上向いているが、消費者は低価格帯の商品に移行している。
0.50-1ct, D-H, VS-SIのディーラー需要が安定している。
カラーダイヤモンドや宝石、特に2ctを超えるサイズへの消費者の関心が高まっている。 
大手宝飾業者は、電子商取引やモバイルプラットフォームの成長の可能性を模索している。
◆インド:0.50-0.90ct, SI需要が堅調だが、市場は比較的スロー。
5月の学校の休みに合わせて、一部のディーラーは休暇を取っている。
外国のバイヤーはラスベガスショーに先んじて商品を探しているが、サプライヤーはショーを前に価格を堅持している。
大手研磨業者は生産を増強しており、研磨石の在庫量が増加。
原石の強い需要が続いている。
◆5月10日付のRapNet Diamond Index(前月比、D-H,IF-VS2)は、ほぼすべてがわずかに減少、全般的に活気がなく市場は様子見の状況。
平均価格は0.7ctが-0.6%、1.5ctが-0.5%、0.5ctが-0.4%、2.0ctと1.0ctが-0.3%などと微減。一方、0.3ctは+0.5%、3.0ctは+0.4%と微増。
ベストプライスは0.7ctと0.5ctが-1.1%となり、特にポインターが弱い。
また、0.3ctは+0.1%となり上昇に歯止めがかかっている。
1ct以上は微増微減で、3.0ctは+1.5%と先週よりも上昇率が鈍化した。
◆ベルギーの4月の研磨石輸出が激減、香港と米国への出荷減少が影響。
アントワープ世界ダイヤモンドセンター(AWDC)の発表によると、研磨石輸出は7億7,940万ドルと前年比13%減少、重量ベースでは376,528ctと前年比17%減少、平均価格は2,070ドル/ctと4%上昇した。
米国向け輸出は1億7,250万ドルと39%減少、香港向けは1億2,270万ドルと25%減少した。
アラブ首長国連邦は1億1,208万ドルと9%減少、これら3国はベルギーの研磨石輸出の半分以上を占めていた。
Rapaport Diamonds.net等より、一部抜粋
提供:潟lットジャパン https://www.net-japan.co.jp/market/2017/05/post_181.html
2017/05/09
婚約指輪需要が堅調、研磨工場はフル稼働

【5月9日】
◆香港:市場は労働節連休などにより静か。Las Vegasショーに向けて期待感が高まっている。
香港と中国の宝飾品の小売売上高増加の知らせに市場心理が改善。
5月はウエディングシーズンであり、ブライダルセール強化月間に伴い小売販売が安定。
0.50-0.80ct, F-I, VVS-VS, 3EXなど婚約指輪需要が堅調。
◆インド:ディーラーは5月の学校の休みに合わせ散発的に休暇を取得、取引は比較的静か。
大手研磨工場はフル稼働しており、市場占有率が高まっている。
米国とイスラエルのバイヤーは商品を探しているが、サプライヤーが価格を堅持しているため商談成立が難しい状況。
Akshaya Tritiya Hindu祭の期間中、宝飾品や金の好調な売行きを受け国内のディーラーは楽観的。
◆5月3日付のRapNet Diamond Index(前月比、D-H,IF-VS2)は、ほぼ全てのレンジでわずかに減少。
平均価格は0.3ctが+1.0と上昇、3.0ctと0.7ctが-0.8%と減少し他は微減。
ベストプライスは0.3ctが先週までのプラスから-0.4%の減少に転じた。
また、0.5ctが-1.3%、0.7ctが-1.0%になるなど、特にポインターが弱い。
1ct以上は微増微減。3.0ctのみ+2.6%となったものの市場全体に勢いがない。
◆香港、第1四半期の研磨石輸入は11%増の47億ドル、輸出も6%増の34億ドルとなった。
Rapaport Diamonds.net等より、一部抜粋
提供:潟lットジャパン https://www.net-japan.co.jp/market/2017/05/post_180.html
< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >

- W&J WEBSITE -