※写真をクリックで拡大します。
Home

09/11(Tue) ベネツィア国際映画祭でムービースターの美を祝福
ダミアーニのラグジュアリーなアニマル旋風

《ダミアーニ》 イタリアを代表するジュエリー「ダミアーニ」は、8月29日から9月8日までイタリア ベネツィアで開催された第75回ベネツイア国際映画祭に協賛、レッドカーペットでのジュエリーの展示や新作のお披露目などを行った。9月7日にはレッドカーペットに登場した女優の蒼井優さん【写真】がダミアーニのイヤリングを着用して登場している。
この華やかな祭典でダミアーニは「アニマリア」コレクションのユニークな作品を展示した。優美な輝きを放つヤモリ、フクロウ、サル、オウム、ラーニョ(蜘蛛)、トンボ、そして新たに蝶が加わった。まるでおとぎ話のようにミステリアスで、ダミアーニの熟練職人技により手作業で作られた。
動くモチーフのリングやペンダントにもなるブローチ、ダイアルと鮮やかなガルーシャのブレスレットで彩られたジュエリーウオッチ。
このクリエイティブで魅惑的な動物園に、新たにメゾンの作品が加わる。3つの新しい蝶のモチーフリングは、女性の美しさとエレガンスを称えるジュエリー。センターのファンタジーダイヤモンドは、蝶の頭を表現し、立体的な羽を模したプレシャスストーンによる滝に囲まれている。全てのプレシャスストーンは、熟練した宝石鑑別士により選別され一つ一つ丁寧に手作業でセッティングされている。
https://damiani.norennoren.jp/

07/24(Tue) 日本=スイス往復航空券やホテル宿泊券等「スイストラべル賞(ペア2名1組)」
他にも「スイス撮影賞」を抽選でプレゼント

《スイス・フォト・キャンペーン》 誰もが写真家になれる絶景の国として知られるスイス。今年はスイスならではの撮影の楽しみや魅力を紹介するフォトキャンペーンを実施します。まずはビッグなプレゼントが当たるプレゼント企画から。日本=スイス往復航空券やホテル宿泊券、便利な交通パスをセットにした「スイストラべル賞(ペア2名1組)」、富士フイルムから6月末にリリースされたばかりの話題の最新カメラとビクトリノックスの機能的なバッグをセットにした「スイス撮影賞」を抽選でプレゼント!
https://www.myswitzerland.com/ja/sn70.html

07/24(Tue) 標高3500m。世界遺産の氷河でゴルフプレー
ホールインワンでオメガ高級時計をプレゼント

《ホールインワン〜トップ・オブ・ヨーロッパ》 ユングフラウヨッホで2005年からスタートした人気の企画『ホールインワン〜トップ・オブ・ヨーロッパ』。数年前から一時中断していましたが、再開を望む多くの声を受けて、2018年7月1日からプレゼント賞品をオメガの高級腕時計に変えて復活しました!
アルプス最大・最長を誇るアレッチ氷河の上に設けられたティーグラウンドから、120メートル先のホールを目指してゴルフボールを打って、見事ホールインワンを決めた名ゴルファーに、オメガの看板商品でもあるダイバーズウォッチ「シーマスター」(CHF5500/約62万円相当)*が当たるビックチャンスです。
参加費は3ショットのチャレンジでCHF10。ティーグラウンドは、スノーチューブなどが楽しめる氷河の上の「スノーファンパーク Snow Fun Park」に特設されています 。ユングフラウ鉄道の駅を降りて、トンネル内の通路を通り、氷河への出口にすすみましょう。氷河を見下ろすところにある「スノーファンパークバー」でトライアルチケットを購入することができます。
世界中から集まった観光客でにぎわっている人気のスポットで、大勢のギャラリーの見つめる中、あなたもホールインワンめざして挑戦してみませんか。標高約3500m、世界遺産のアレッチ氷河の上でのゴルフは、ほかではできない体験です。
https://www.myswitzerland.com/ja/sn70.html

07/24(Tue) レーティッシュ鉄道の世界遺産10周年記念
約100年前の歴史的な鉄道旅が体験できます

2008年7月、レーティッシュ鉄道のアルブラ線とベルニナ線が周辺の景観とともに世界遺産に登録されてから今年で10周年。100年以上の歴史を誇る路線は、アルプスの雄大な大自然をいかしながら多くの石橋やループトンネルを駆使して開通されました。100年の間、大きな修復も不要だったというその驚愕の鉄道技術、そして、その鉄道と見事に共存しつつ現代に残された美しい景観が高く評価され、鉄道王国といわれるスイスで唯一の鉄道としての世界文化遺産に認定されました。
-約130年前に創業したレーティッシュ鉄道は、会社のシンボルでもある、かつてアルブラ線やベルニナ線で走っていた歴史的な車両を特別な思いで大切にしており、車庫に保管されていたものだけでなく、他国に売却されていた車両も買い戻し、鉄道愛好家クラブなどの協力を得て、次々に修復。ぼろぼろになってしまった内部の装飾なども、ランプや吊棚、カーテンや椅子の布地までこだわって、できるだけオリジナルに近づけて、往時の雰囲気そのままの鉄道旅を実現させています。
今年は世界遺産10周年を記念して、このレーティッシュ鉄道が誇る歴史的な機関車や客車を連結させて特別運行します。
まずダヴォス=フィリズール間の約40分のルートで、1929年から運行のGe6/6形電気機関車『クロコダイルKrokodil』*に木製のレトロな客車とベルニナ線でかつて使われていたトロッコ列車のようなオープン展望車両を接続して、2018年10月28日まで毎日運行。ダヴォス・プラッツ発とフィリズール発便で1日2便づつの計4便(ダヴォス・プラッツ発便|10:18、16:18/フィリズール発便|11:06、17:06)。この区間の乗車券があれば無料でご利用いただけます。
また同じ歴史車両の組み合わせで「アルブラ・エクスペリエンス・トレイン Albula Experience train」として、2018年9月2日までの毎週日曜に、世界遺産のアルブラ線を含むランドクアルト=サン・モリッツ間での歴史的車両の旅も楽しめます。こちらはランドクアルト(8:55発)→サン・モリッツ(12:39着)、サン・モリッツ(14:15発)→ランドクアルト(18:27着)の1日2便。この区間有効の2等の乗車券に追加料金CHF10が必要です。
https://www.myswitzerland.com/ja/sn70.html

07/24(Tue) 旅行に便利なトラベルガイド・アプリ誕生
鉄道ファンはアプリを持って乗車!

鉄道・バス・湖船の旅を1枚のパスで楽しめるスイストラベルシステムがリリースしたアプリ。自由旅行にかかせないパスとあわせてスイス旅行のお供には必携のツールです。スイス旅行の見どころ、ハイライトをおさえた充実の旅が楽しめるでしょう!
絶景ルートの旅や路線上の見どころなど、知っているとトクをする旅のガイド情報。次回の旅では、おすすめスポットを見逃すことはありません。スイストラベルパスを使ってスイスを自由にめぐる旅行者のために開発されたアプリです。
展望車両の観光列車、山岳鉄道、湖船の旅など、スイスならではの絶景パノラマルートの旅がアプリに組み込まれています。代表的な絶景ルートをいくつか組み合わせての周遊旅行「スイス・グランドトレインツアー」や途中下車して山頂まで結ぶ登山鉄道の旅などお楽しみください。
https://www.myswitzerland.com/ja/sn70.html

02/28(Wed) アレッチ地方に新しいソリ&スノーチューブコースがオープン
浮き輪のようなスノーチューブで雪上を滑る人気のアクティビティ

アルプス最大・最長のアレッチ氷河(世界遺産)の観光で知られるアレッチ地方。2015年12月に最新技術を駆使して新設されたモースフルー展望台へ結ぶコンビネーションリフト「グレッチャーバーン・モースフルーGletscherbahn Moosfluh」に沿って新しくソリのコースが誕生します。
リーダーアルプからモースフルーへと結ぶリフトに平行する形で新設された長さ5.3キロメートルのソリコース。標高2333mの山頂駅モースフルーMoosfluhから、ブラウゼーBlausee、ゴッペラーリュッケGopplerlückeを抜けて、リーダーアルプにある麓駅まで滑り下りる絶景コースです。
モースフルー展望台からアレッチ氷河の眺望を楽しんだ後はロングコースのソリで滑降してみましょう!眼前に広がる、マッターホルンやヴァイスホルン、ドームなど4000m級の山々が連なるヴァレーアルプス(ヴァリスアルペン)の雄大なパノラマをお楽しみください。
そのほかエリアにはフィーシャーアルプFiescheralpからラックスLaxまでの13キロコースもあります。麓のフィーシュからロープウェイで結ぶ標高2222mのフィーシャーアルプ駅から約5分歩いたところからの滑降です。マッターホルンなどの山々の眺望や雪で飾られた木々が美しい森を抜けていくコース。終点のラックスからバスでフィーシュに戻ることができます。
ゲレンデの途中にある山小屋レストラン「ベットマー・ヒッタBättmer-Hitta」の横には、約250メートルのスノーチューブコースができました。浮き輪のようなスノーチューブで雪上を滑る人気のアクティビティ。一面の銀世界のなかにある最高の雰囲気です。ベットマーアルプからチェアリフトで登った先からスキーまたはウィンターハイキングでアクセスできます。

02/28(Wed) 氷河特急の路線に2つのスキー場を結ぶ冬季限定アフタースキー列車が登場!
一面がまさに銀世界となるアルプスの峠を越える絶景も満喫できる

スキーをした後の遊びや楽しみを日本では和製英語でアフタースキーといいますが、ヨーロッパでは英語ではフランス語の同意語「アプレ・スキーAprès-Ski」といいます。冬季観光発祥の地でスキー場が多いスイスではアプレ・スキーも本場。毎年、新しい冬限定の特別企画が登場し、ますますスノースポーツ以外の楽しみが充実してきています。
2017/2018年の冬季シーズンには、人気の氷河特急が走るルートに、バー車両を連結したアプレスキー(アフタースキー)列車が走ります。区間はアンデルマットAndermatt 〜ディゼンティスDisentisの間。2つのスキー場を結ぶシャトルサービスとして特別運行するもので、スキー場の利用券となるスキーパスがあれば、誰でも無料で利用できます。
バーカウンターとミニラウンジとなっている特別車両では、ホットドリンクや軽食が楽しめます。アプレスキー列車としてはスイスで最長区間となるアンデルマット〜ディゼンティス間のルートは、氷河特急ルートの最高地点となるオーバーアルプ峠を越えるハイライト区間です。スキー場からスキー場への移動とあわせて、一面がまさに銀世界となるアルプスの峠を越える絶景も満喫できるでしょう。

02/28(Wed) お得で便利な観光パス「バーゼルカード」が無料に
バーゼルの街歩きをお楽しみください

市内交通、Wi-Fiスポット(公衆無線LANサービス)が無料で使えるほか、博物館や美術館、動物園などの入場料や現地ツアー、ショップ、レストラン、ボートクルーズ、ライン川渡し船などの割引など各種特典がついた観光パス「バーゼルカード」。これまで1日券でCHF20(約2300円)で販売していたお得なパスが、より便利になって、2018年1月からバーゼル市内の宿泊客に無料で提供されます。
今まで宿泊客へのサービスとして市内交通が乗り放題になる「モビリティ・カード」を提供していましたが、サービスをアップグレードして、有料で販売していた「バーゼルカード」へとバージョンアップ。宿泊ゲストすべてがチェックイン時に無料でもらえます。従来の「バーゼルカード」で利用できた市内交通や割引特典の数々はそのままに、市内各所にあるWi-Fiスポット(公衆無線LANサービス)も無料で利用できるようになりました。
観光客にやさしい、お得で便利なカードを有効に使って、バーゼルの街歩きをお楽しみください。

12/28(Thu) 氷河特急の路線に2つのスキー場を結ぶ
冬季限定アフタースキー列車が登場!

スキーをした後の遊びや楽しみを日本では和製英語でアフタースキーといいますが、ヨーロッパでは英語ではフランス語の同意語「アプレ・スキーAprès-Ski」といいます。冬季観光発祥の地でスキー場が多いスイスではアプレ・スキーも本場。毎年、新しい冬限定の特別企画が登場し、ますますスノースポーツ以外の楽しみが充実してきています。
2017/2018年の冬季シーズンには、人気の氷河特急が走るルートに、バー車両を連結したアプレスキー(アフタースキー)列車が走ります。区間はアンデルマットAndermatt 〜ディゼンティスDisentisの間。2つのスキー場を結ぶシャトルサービスとして特別運行するもので、スキー場の利用券となるスキーパスがあれば、誰でも無料で利用できます。
バーカウンターとミニラウンジとなっている特別車両では、ホットドリンクや軽食が楽しめます。アプレスキー列車としてはスイスで最長区間となるアンデルマット〜ディゼンティス間のルートは、氷河特急ルートの最高地点となるオーバーアルプ峠を越えるハイライト区間です。スキー場からスキー場への移動とあわせて、一面がまさに銀世界となるアルプスの峠を越える絶景も満喫できるでしょう。

12/28(Thu) ダヴォスにアルプス初の「ハードロック・ホテル」オープン
1882年につくられた歴史的なホテルを改装してのオープン

ロック・ミュージックファンの聖地として知られる「ハードロック・カフェ」のホテルで、アメリカ、カナダ、メキシコ、中国、タイなど世界各国にある「ハードロック・ホテル」のスイス初、アルプス初となるホテルが2017年12月、ダヴォスにオープンしました。
これからドイツのベルリンとイギリスのロンドンにオープン予定ですが(スペイン領ではイビサ島とテネリフェ島にあり)、ここ、スイスのダヴォスがヨーロッパ大陸につくられた初の「ハードロック・ホテル」となります。通称ダヴォス会議といわれる世界経済フォーラムに各国の首脳や政治家、俳優・女優など、セレブが集うアルプス屈指のリゾートとハードロックカフェのスピリッツの融合に期待がよせられています。
今回はあえて新設ではなく、1882年につくられた歴史的なホテルを改装してのオープンとなります。古いチャペルやホールなど約130年の歴史を誇る内装を随所に残しつつも、アルプスの風景と音楽をテーマに高級感あふれる洗練された雰囲気を演出。



admin only:
no_back
12345678910111213141516171819202122232425262728293031323334353637
page:1